ハリルホジッチ監督が川崎対名古屋を視察…3人のストライカーが結果で応える

写真拡大

文=青山知雄

 翌日に初のメンバー発表を控えた日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、18日に行われたヤマザキナビスコカップ予選リーグの川崎フロンターレ対名古屋グランパスの一戦を視察。3−1で名古屋が勝利した試合で、川崎は大久保嘉人、名古屋は永井謙佑と川又堅碁がゴールをマーク。3人のストライカーがそろって指揮官の熱視線に応えた。

 樋渡群通訳の運転する車でスタジアムへ訪れた同監督は、会場入りした際に川崎の風間八宏監督と談笑するなど和やかムード。試合後の取材対応はなく、無言で等々力を後にしたが、注目していたストライカーのそろい踏みには目を細めたはずだ。

 試合は川崎が12分に大久保のヘディング弾で先制。だが、当の本人は内容にも結果にも納得言っていない様子で、「今のチームには点が取れる雰囲気があまりない。もっと厚みのある攻撃をしないと。代表監督が見に来ていても関係ない。この試合でワールドカップのメンバーが決まるわけじゃないし、いつものプレーを何試合も見てもらえれば」と険しい表情を崩さなかった。

 対する名古屋は42分、高い位置でボールを奪うと、ショートカウンターから矢野貴章が右クロス。これをファーサイドでフリーになっていた永井が巧みに相手DFの前に足を出してダイレクトボレーで同点に。永井は終了間際にも正確な左クロスで川又のダメ押しゴールをアシストするなど、自慢のスピードを武器にピッチを走り回って持ち味を存分に発揮した。ミックスゾーンでハリルホジッチ監督の視察について聞かれると、「しっかりゴールを決めてアピールするしかない。チームで結果を出すことで、そういう舞台に立てるようにしたい」と代表入りに意欲を見せた。

 また、この試合が今シーズンの公式戦初先発となった川又は2ゴールの大活躍。49分に田口泰士の右CKに頭で合わせ、GKに弾かれたボールを自ら詰めて逆転に成功。さらに終了間際の88分には永井のクロスからダメ押しゴールを叩き込んだ。本人は「こういうチャンスをモノにするかどうか。強い気持ちで試合に臨んだ」と思いの丈を語りつつ、「1点目はしっかり詰めることができたけど、最初のヘディングで決めなきゃいけない。2点目は永井さんのクロスとニアで潰れてくれたノヴァ(ノヴァコヴィッチ)に感謝ですね」とコメント。代表入りについて聞かれても、「他にも決めなければいけないチャンスがあった。そういうところをしっかり決め切れれば」と浮かれることなく表情を引き締めていた。

 明日19日、いよいハリルホジッチ監督が選ぶ初めての日本代表メンバーが発表される。先週末、J1の全9試合をチェックしたという指揮官の目に留まった選手は果たして……。