アニメミライ2015

写真拡大

文化庁の委託事業として展開されている、若手アニメーター人材育成事業「アニメミライ」。その第5回目となる平成26年度の対象作品が完成、3月16日(月)に関係者向けの発表会が行われた。

【意欲作が集結! 若手アニメーター育成事業「アニメミライ 2015」の画像・動画をすべて見る】

アニメミライは、アニメ業界における製作費の縮小やスケジュールの悪化、海外発注の定例化によって、先輩から後輩への指導機会が失われることを背景にスタート。毎回アニメ制作会社4社を選定し、作品制作を通じたOJTによる人材育成や、若手の作品発表機会の確保、各種講座やフォローアップを目的としている。

2011年の第1回からこれまでに、今年続編が劇場公開予定の『リトルウィッチアカデミア』(2013年)や、同じく1月からテレビシリーズ(『デス・パレード』)が放送中の『デス・ビリヤード』(2013年)などを輩出。現代のアニメシーンにおいて、確かな足跡と成果を残している。

「アニメミライ 2015」対象作品


アキの奏で


アキの奏で

『アキの奏で』(C)J.C.STAFF/文化庁 アニメミライ2015


アキの奏で1

『アキの奏で』(C)J.C.STAFF/文化庁 アニメミライ2015


アキの奏で2

『アキの奏で』(C)J.C.STAFF/文化庁 アニメミライ2015


アキの奏で3

『アキの奏で』(C)J.C.STAFF/文化庁 アニメミライ2015



『あの夏で待ってる』『selector infected WIXOSS』などで知られるJ.C.STAFFが制作した『アキの奏で』。プロの太鼓奏者として活動しているアキが、15年ぶりに復活する故郷の太鼓祭りへの参加をきっかけに、上京者特有のコンプレックスと向き合っていく。

映像的な見どころはやはり太鼓の演奏シーン。作画スタッフからも難しかったという声が上がっていたが、作品の魅力を最も感じられるシーンであることは間違いないだろう。

スタッフ


監督:鈴木洋平
演出・コンテ:石田美由紀
作画監督・キャラデザイン:八重樫洋平
作画監督補佐:梶谷光春
若手原画:佐藤嵩光、奥谷遥、小松沙奈、前田ゆり子、中田久美子、泉しづか
中堅原画:坂本哲也、森七奈
動画チェック:五十川綾子
美術監督:睫鄂心(※發狼貉)
色彩設計:小島由佳
撮影監督:間中秀典
プロデューサー:松倉友二
制作プロデューサー:藤代敦士

キャスト


宮川アキ:佐藤利奈
吉岡道夫:浜田賢二

音楽


音楽:高山英丈
音楽制作:飯島弘光“IRAM RECORDS.,LTD”

ハッピーカムカム


ハッピーカムカム_キービジュアル

『ハッピーカムカム』(C)SynergySP/文化庁 アニメミライ2015


ハッピーカムカム1

『ハッピーカムカム』(C)SynergySP/文化庁 アニメミライ2015


ハッピーカムカム2

『ハッピーカムカム』(C)SynergySP/文化庁 アニメミライ2015


ハッピーカムカム3

『ハッピーカムカム』(C)SynergySP/文化庁 アニメミライ2015



観てほっこりしそうなハートフルコメディを制作したのは、主に子供向けアニメ番組を手がけているSynergySP。注文したメイド型ロボットとは異なる、母ちゃんロボット・ヨシコが届いたことに戸惑うひろし。実の母親にはなかった愛情を有するヨシコとの暮らしを通じて、ひろしの心が徐々に変化していく。

『ちびまる子ちゃん』の声優として知られるTARAKOさんが、原作・脚本、そして音響監督まで担当している。

スタッフ


原作・脚本:TARAKO
監督・絵コンテ・演出:須田裕美子
キャラクターデザイン・作画監督:荒牧園美
作画監督補佐:島崎知美
若手原画:鈴木久美、針生愛里、大川美穂子、中澤真琴、渡辺まゆみ、松本淑恵
中堅原画:久保川美明、船塚純子、森亜紀子、萩原しょう子、丹羽恭利、太田恵子、蔭山武彦
動画チェック:蔭山武彦
色彩設計:大野嘉代子
編集:小野寺桂子
制作プロデューサー:三浦俊一郎
演出補:羽鳥潤
制作担当:藤原和博
プロデューサー:早船健一郎 阿久澤洸太郎
 

キャスト


渡辺菜生子
森屋正太郎
会一太郎 
荒嶽恵 

音楽


音楽:早川入
音響監督:TARAKO

次のページ】音楽を題材にしたアニメから、台詞なしの意欲作まで登場!

音楽少女


音楽少女_キービジュアル

『音楽少女』(C)スタジオディーン/文化庁 アニメミライ2015


音楽少女1

『音楽少女』(C)スタジオディーン/文化庁 アニメミライ2015


音楽少女2

『音楽少女』(C)スタジオディーン/文化庁 アニメミライ2015


音楽少女3

『音楽少女』(C)スタジオディーン/文化庁 アニメミライ2015



音楽少女』は、もともと音楽レーベル・Cosmic Recordが展開していたキャラクターソング・音楽CDプロジェクトのアニメ化。制作は『うる星やつら』『めぞん一刻』『らんま1/2』といった高橋留美子作品や、最近では『桜Trick』『ログ・ホライズン』(第2シーズン)などを手がけるスタジオディーン。

ハイテンション転校生・千歳ハル、スーパーインドア派少女・熊谷絵里、歌が好きな2人が音楽に青春を燃やす美少女モノ。キャストを務める沼倉愛美さんと瀬戸麻沙美さんによる歌唱シーンは、音楽プロジェクトならではのすごみが感じられる。

スタッフ


監督:石倉賢一
キャラクターデザイン・作画監督:まじろ
キャラクター原案:QP:flapper
脚本:山田花名
若手原画:杉田柊、高野菜央、伊藤幸、小島絵美、太田衣美、峯友則
中堅原画:新里りお、橘正紀
動画検査:坂本豊
プロップデザイン・作画監修:河南正昭
美術監督:平柳悟
色彩設計:桂木今里
撮影監督:米澤寿
3DCG:今垣佳奈
編集:松村正宏
プロデューサー:浦崎宣光
制作担当:中田善文
制作進行:野崎久美子

キャスト


千歳ハル:沼倉愛美
熊谷絵里:瀬戸麻沙美

音楽


音楽:Taishi
音楽監督:野崎圭一
音響監督:本山哲

クミとチューリップ


クミとチューリップ_キービジュアル

『クミとチューリップ』(C)手塚プロダクション/文化庁 アニメミライ2015


クミとチューリップ1

『クミとチューリップ』(C)手塚プロダクション/文化庁 アニメミライ2015


クミとチューリップ2

『クミとチューリップ』(C)手塚プロダクション/文化庁 アニメミライ2015


クミとチューリップ3

『クミとチューリップ』(C)手塚プロダクション/文化庁 アニメミライ2015



テレビアニメの礎を築いた『鉄腕アトム』を生み出した手塚プロダクションが制作したのは、全編セリフなしという異色作。舞台は、科学が発達した人工物ばかりの未来世界。絵描きの老人と、人造花だらけのなか、一輪だけ息吹いた本物のチューリップの成長を見守るクミ。

2人の交流とともに、その後訪れる変化から、自然や人間同士の関係性の尊さを描いている。ちなみに本編では語られないものの、画家をはじめとしたキャラクターには、手塚治虫作品の登場人物の名前が付けられている。

スタッフ


総監督:手塚眞
監督:吉村文宏
キャラクターデザイン:杉野昭夫
作画監督:中村路之将
美術監督:河野次郎
作画監督補佐:瀬谷新二
若手原画:三浦菜奈、山田桃子、小橋弘侑、角谷知美、西村生美、小柏奈弓、小野玲奈
中堅原画:杉野昭夫、瀬谷新二、中村路之将
動画チェック:吉村昌輝、岡村隆(※「隆」ではなく旧漢字の「蓮廖
プロデューサー:清水義裕、大石光明

音楽


音楽:服部惑

若手アニメーター陣も手応えを実感!


スタッフ陣のコメントによれば、いずれの作品においても、各制作チームでは時間をかけたディスカッションが行われたという。

印象的な意見のなかには、「チームでつくっていることを改めて感じた」(原画)、「描いた人の顔がわかる貴重な体験」(撮影監督)、「原画から直接指導を受けられた」(動画)など、このプロジェクトならではの手応えを感じていた。

この4作品は、4月22日(日)の「東京アニメアワードフェスティバル」内での上映が決定しているほか、それを皮切りに読売テレビ、毎日放送、アニマックスなどでも放送予定。また4月からは劇場上映も決定している。テレビ放送、劇場上映の詳細は、公式Twitterで今後発表される。