■盛りあげよう!東京パラリンピック2020(14)

 男女とも世界ランキング1位の選手を輩出するなど、国内選手のレベルが上がっている日本の車いすテニス界。社会的な知名度向上もあいまって、偉大な先輩たちの姿に憧れ、競技を始める子どもたちが増えているという。だが、障がいを持つ18歳以下のジュニアを対象にした車いすテニスの大会は、各地域のテニススクール主催など、数えるほどしかない。

 そこで、健常のジュニア選手や、パラリンピック2連覇中の国枝慎吾選手をはじめ、多くの車いすテニスプレーヤーを指導する丸山弘道コーチが『将来的に全国規模のトーナメントにつながるような大会を』と、「車いすテニスジュニア選手権大会」の開催を発案。3月15日、埼玉県川越市で、記念すべき第1回大会を開いた。当日は、主に関東の小学3年生から高校3年生までの男女15人が参加。時おり寒風が吹きつけるなか、元気にボールを追いかけた。

 15歳以上の部で優勝した田中愛美(まなみ)さんは、「普段は大人と練習しているので、同世代の人とプレーできて刺激を受けました」と話し、14歳以下の部を制した船水梓緒里(ふなみず しおり)さんは、「自分の欠点が分かるし、人のいいところを吸収できるので、こういうトーナメントは嬉しい」と大会開催を喜んだ。

 今大会は、丸山コーチの企画に賛同した有志が運営する"手づくり"の大会となった。大会プログラムや告知ポスターなどに必要な資金が不足していると知れば、丸山コーチの大学時代の同級生がクラウドファンディングの活用を提案。50万円の目標額を見事達成し、多忙な丸山コーチに代わって、そのまま事務局担当となりサポートした。また現場では、高校・大学時代の友人や恩師、ジュニア時代の教え子らがボランティアスタッフとして参加し、大会を支えた。

 そしてこの日は、子どもたちにとって朝からビッグサプライズが待っていた。ボランティアスタッフの一員として受付を担当したのは、なんと国枝選手だったのである。そして、その様子を一眼レフカメラで撮影していたのは、国枝選手とともにロンドンパラリンピックに出場した三木拓也選手だ。両選手とも、丸山コーチが指導していることから実現したもので、事前に知らされていなかった子どもたちは、超豪華なゲストの仕事ぶりに驚きの表情を見せていた。

 丸山コーチは、「慎吾がまさか受付にいるとは誰も思わないでしょう」とニヤリ。

「今回は、自立や心の教育がテーマでもある。世界チャンピオンもボランティア活動に参加するという姿勢を、子どもたちに感じてもらいたかった」と、本来の目的を打ち明けた。

 今大会は勝ち負けよりも、試合で練習の成果を発揮すること、今ある課題を知って、テニスを楽しむことの大切さを説いた。また車いすテニスを通して、障がいを持つ子どもや、その保護者のスポーツ交流と相互理解を重視した。時間の都合で実施には至らなかったが、保護者を対象にしたセミナーも開く予定だったという。

「輝かしい成績ばかり注目されますが、国枝も三木もトップレベルになるまでは、たとえば年間400万円くらいの活動費を自腹で出していた。そうした苦労を乗り越えて、彼らは人として成長し、アスリートとして強くなった。人材育成の観点からも、先輩たちの話を生で聞く機会を設け、啓蒙活動にも力を入れていくことが大事だと考えています」と丸山コーチは語る。

 試合後は、国枝選手らとボールを打ち合う時間も設けられた。参加者にとって、自ら道を切り拓いてきたアスリートと同じコートで、同じ空気を共有しているだけでも大きな刺激になったはず。試合の合間に参加者同士で課題を振り返ったりする姿も見られ、それぞれがまっすぐにテニスに向き合う様子が見られた。

 小学5年生の望月悠生(ゆうい)君は、"憧れ"の国枝選手に悩みを相談。「ネットによくボールをかけてしまうと伝えたら、腕を横ではなくて上に上げるようにしてみて、と素振りをして教えてくれました」と振り返り、目をキラキラと輝かせていた。

「僕がテニスを始めた頃は競技人口も少なく、15人もジュニア選手が集まること自体考えられなかった。いろんな人の目に触れるようになったんだなと思う」としみじみ話すのは、国枝選手だ。

「同じ世代とプレーすると、課題のチェックができるしいい練習になる。何より、ライバル心が芽生えて目標ができるし、それが自身の成長につながる」と話し、次回以降の開催にも期待を寄せた。

 また、観戦にかけつけた女子世界ランキング1位の上地結衣選手も、「(14歳で史上最年少の日本ランキング1位になった)あの頃は、国際大会のジャパンオープンでジュニアの部が設置されたものの人数が集まらず、開催できなかった。私はそのままシニアに上がりました。大人に交じって練習する環境と、こうして同世代が切磋琢磨できる環境の両方があるのがいいと思いますね」と、自身の経験を交えて語ってくれた。

 主催した丸山コーチは、今後についてこう語る。

「将来的には、天候に左右されないコートを確保し、東北や中部、近畿、九州などの開催を目指し、いずれは全国大会にまで育てたい。最長でも2020年までとし、それ以降の運営は企業やイベント会社にバトンタッチしてもいいと考えています」

 地域や企業、また障がいの有無に関係なく、たくさんの人を巻き込んだ仕組みづくりとその定着化に挑む。

 2020年の東京パラリンピックの開催種目は、今のところ22競技。その各競技団体の人材確保と育成、選手強化の取り組みには大きな注目が集まっている。今大会の成功は、そうした他競技の選手や関係者にも大きな影響を与えたのではないだろうか。

荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu