Windows7以降のユーザーがWindows10へ無料でアップグレードが出来ることは周知の通りですが、海賊版のWindowsを利用しているユーザーにも同様に無料でWindows10が提供されることが分かりました。中国におけるWindows使用ユーザーの大半が、非正規品の利用者であることが理由です。

海賊版も無償アップグレードの対象へ

マイクロソフトはWindows7以降の全Windowsユーザーへ、今夏に発売するWindows10を無償提供するつもりであることを発表しましたが、正規品を不正コピーしたWindowsを使用しているユーザーも無償適用の範疇であることを明らかにしました。
 
中国では4分の3のユーザーが不正にWindowsを使用しているとされ、この試みが現実となれば、数億人の中国人ユーザーが一気に正規品利用者になることになります。
 
「私たちは正規品か非正規品かに関わらず、対象となるPCはすべてWindows10にアップグレードする」とマイクロソフトはロイターの取材に答えました。

中国企業と協力で政府からの攻撃かわす

ロイターによれば、中国での販売を拡大させることがこの試みの理由だそうですが、マイクロソフトへの風当たりを強めている中国政府の態度を軟化させる狙いもありそうです。
 
このような試みを行えば、Windowsのシェアが増えるのは必至であるため、今まで以上に独占禁止法の対象となると通常は考えられます。
 
しかしマイクロソフトは、レノボやXiaomi、8億人のユーザーを抱えるSNS企業のテンセント、アンチウイルス企業の奇虎360など、中国国内の様々な企業と協力してWindows10を普及させる戦略を採ることで、中国企業のバックアップに熱を入れる当局からの非難をかわすつもりのようです。
 
 
参照元:REUTERS
執 筆:kihachi