離婚会見を行ったスザンヌ (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 元ソフトバンク投手で野球評論家の斉藤和巳氏(37)との離婚を発表したタレントのスザンヌ(28)が18日、都内で会見を開いた。大勢の報道陣を前に改めて離婚を報告したスザンヌは、決断に至るまでの経緯を語るなかで「夫婦にはなれたけど、家族にはなれていなかったのかなと思います」と大粒の涙を流した。

<結婚会見時>スザンヌ、結婚会見で“プロポーズ秘話”明かす

 離婚を切り出したのは斉藤氏側からだという。去年の夏ごろから話し合いを進め「年末に話し合って、二人で結論を出させてもらった。一緒に住む想像ができなくなりました」とスザンヌ。「私は戻る気でいました。まさかこんな形で離婚になるなんて…」と悔み「私たち夫婦のことは話し合いが足りなかったのかな」と終始、自分を責めた。

 きっかけは「些細なけんか。すれ違いもありました」といい、斉藤氏から別れを切りだされ「最初は、本当にどうしていいかわからなくなった」と当時の心境も告白。それでも「お互いの人生を考えたなかでこれが一番いい結果なのかもしれない」と必死に前を向いた。

 また、斉藤氏と女子プロゴルファー・上田桃子選手との“不倫疑惑”については「本当にわからない」と話し「なんとも言えないとしか言えないけど、そうじゃないといいな」と最後まで元夫を信じていた。

 弁護士を通じて、親権はスザンヌが持ち、養育費と慰謝料は斉藤が払うことに決まったという。涙ながらに離婚を報告したスザンヌは、30分に渡る会見を終え「気持ちを切り替えてまた新たなスタートをしていきたい」と決意新たに語っていた。

 二人は2011年12月に結婚。昨年1月に第1子となる男児が誕生し、当初は家族3人での幸せな生活をブログに載せていたスザンヌだが、最近では斉藤が登場しなくなり、離婚危機がうわさされていた。今回の離婚をもって3年3ヶ月の結婚生活に終止符を打った。