今季はここまで2試合に出場し初戦は最下位で予選落ち、第2戦目は途中棄権と苦しい状況にあるかっての世界No.1プレーヤー、タイガー・ウッズ(米国)。アプローチでトップ、ダフリを繰り返すなど、極度の不振に陥り現在はツアーから離脱中となっている。
タイガーが復活するために必要なこととは?みんなの声
 ウッズのツアーでの影響力と存在感が薄れているが、それがコース外でも顕著となってきている。16日(月)にはアメリカの大手ゲーム会社、エレクトリック・アーツ社が展開するスポーツゲームブランド『EAスポーツ』が今年6月に発売するゴルフゲームの“顔”がローリー・マキロイ(北アイルランド)になることが発表された。
 1998年以来、ウッズが監修し『タイガー・ウッズ PGA TOUR』シリーズとして発売されてきたが、2013年に同シリーズは終了。今季から『ローリー・マキロイ PGA TOUR』となり、米国のゴルフ界では大きな話題となったようだ。
 4月のメジャー第1戦「マスターズ」に照準を合わせ調整を続けているウッズ。かっての王者はこのまま輝きを失ってしまうのか。世界中のゴルフファンが注視している。
 なお、エレクトリック・アーツ社によると、このゲームが日本で発売される予定は現時点ではないとのこと。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】J・スピース勝利が物語る“若者”の意味
強豪集まるパーマーの庭 松山、石川が挑む 過去8勝のウッズは欠場
優勝賞金7000万円!ネスレマッチプレー選手権がパワーアップ
米国女子ツアーの日本公式サイトがオープン!