2015年3月17日、中国企業の、上海高通半導体が、クアルコムを商標権侵害で提訴したことを明らかにした。

 クアルコムは1985年に設立され、1998年に中国に進出、中国名を「高通」としている。
 上海高通半導体の旧社名は、上海高通電脳で、設立は1992年となっている。
 上海高通半導体はクアルコムの中国名「高通」が同社の商標権を侵害していると主張し、「高通」商標の利用停止と共に、賠償金を請求している。

(China Press 2015:IT)