写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ボディクロック研究会はこのほど、「親と子の睡眠に関する調査」の結果を発表した。同調査は2014年12月、全国の小学生・中学生・高校生の子を持つ母親936名を対象に、インターネット上で実施したもの。

まず、朝型の子どもと夜型の子どもの割合を調査。その結果、61.3%の子どもが夜型の生活を送っていることが明らかになった。一方、朝型の子どもは38.7%にとどまっている。

同じ質問を親にしたところ、子どもに比べて夜型化は進んでいないものの、44.2%の親が夜型の生活を送っていることが判明。それに対し、朝型の親は55.8%を占めた。また、朝型の親における夜型の子どもの割合は50.6%なのに対し、夜型の親における夜型の子どもの割合は76.4%と多い傾向にある。

続いて、朝型の子どもと夜型の子どもに分けて、勉強に関する意識調査を実施。その結果、「勉強をするのは好き」と答えた割合は、朝型の子どもでは58.8%、夜型の子どもでは40.2%となり、勉強の意欲に18.6ポイントの差が見られた。また、「勉強は得意な方だ」と答えた割合も、朝型の子どもでは58.5%なのに対し、夜型の子どもでは40.1%と、勉強の得手不得手に関して18.4ポイントの差があることがわかる。

同様に運動・スポーツについても調査したところ、「運動・スポーツするのは好き」と回答した割合は、夜型の子ども(62.7%)より、朝型の子ども(72.9%)の方が10.2ポイント高い結果となった。また、「運動・スポーツするのは得意だ」という割合も、夜型の子ども(44.8%)より朝型の子ども(56.9%)の方が高く、12.1%の差が生じている。

最後に、朝型の子どもと夜型の子どもの睡眠時間を比較。その結果、夜型の子どもは朝型の子どもに比べ、平日の睡眠時間が50分、休日の睡眠時間が15分短い結果となった。

学年別に見ると、夜型の割合は高校3年生が最も高く、79.8%。次いで、高校1年生で77.9%、中学3年生で76.0%を占めている。

また学年が上がるにつれ、睡眠時間は短くなる傾向も見られた。高校3年生の平日の睡眠時間は、他の学年と比べて最も短く、平均6時間48分となっている。

さらに、平日と休日の平均起床時間を比較したところ、中学3年生以上の夜型の子どもでは、平日と休日の起床時間に2時間以上のズレがあることが判明。中でも、高校1年生の夜型の子どもが最もズレが大きく、2時間17分となった。

調査結果について、同研究会理事長で久留米大学神経精神医学講座・主任教授の内村直尚氏は、「親の生活習慣が子どもに影響を与えることは明らかです」とコメント。あわせて、「社会全体の夜型化、スマートフォンや携帯電話でのメールやゲームによる夜更かしなど、子どもを取り巻くさまざまな環境によって、子どもの生活の夜型化が進んでいると考えられます」と見解を示した。