千原ジュニア

写真拡大

17日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)で千原ジュニアが、ある女性タレントが一般人にサインを求められるも「ガン無視」する現場に遭遇したことを明かした。

千原によると、名古屋での番組収録のため、品川駅の新幹線ホームでマネージャーと待ち合わせていたとき、新幹線からある女性タレントが降りてきたという。そして女性の横には、サイン色紙とペンを持って追いかける10代の少年の姿があったとのことだ。

ところが女性タレントは少年に顔を向けることなく、まっすぐ前を向いて歩いていたという。千原はこのときのようすを「もう、ガン無視やねん。男の子は逆側にまわって、『サインだけお願いします!』って言うてんねんけど、ずっと無視やねん」と振り返った。

これから発車間際の新幹線に駆け込むわけでもなく、大勢のファンがサイン欲しさに集まっているわけでもないのに、たったひとりの少年を無視する姿に、千原は心底驚いたと言い、「女性だからコンディションもあるし『写真撮ってください』はイヤかもやけど、『サインください』は嬉しいやん」と話している。

結局、その女性タレントは千原がいることにも気が付かず、一点を見つめたまま改札を出て行ってしまった。肩を落とし、千原がいる方向にとぼとぼと戻ってきた少年は、千原に気づくと「サインください…」と力なく声をかけてきたそうだ。千原は「代わりに書いたるわ」とその女性タレントの名前をサインしたという。

このエピソードを共演者たちは笑って聞いていたが、千原がリスナーに分からないように女性タレントの名前を明かすと、口々に驚きの声をあげた。おそらく、テレビで見ている姿からはとても想像できない人なのだろう。

千原は「(ファンを無視するくらいなら)テレビ出んなって話やんか」と最後まで不快感をあらわにしていた。

【関連記事】
岡村隆史、ディズニーシーでの有名歌手の呆れた行動を暴露「赤っ恥ですよ」
千原ジュニア 吉本興業のとんでもないミスを暴露 ゲイポルノのURLを雑誌に掲載→抗議が殺到
千原ジュニア、有吉弘行の「合気道みたいな」司会術を絶賛