昨年、K・ウェブの優勝をたたえるシャリー・スポーク(左)(Photo by Christian Petersen / Getty Images)

写真拡大

<LPGAファウンダーズ・カップ 事前情報◇17日◇ワイルドファイアGC(6,583ヤード・パー72)>
USLPGA日本語公式サイトでは、動画も配信中!
 米国女子ツアーの創設者とパイオニアを称えるために設立された「LPGAファウンダーズ・カップ」。火曜日の記者会見で、選手たちはこの大会がどういう意味を持つものなのか、改めて語った。
 「この大会は私たちが戦ってきた年数以上の歴史があると感じている」
 過去2回、今大会を制しているカリー・ウェブ(オーストラリア)は、5年目の「LPGAファウンダーズ・カップ」について語った。
 「私はいつも言っているけど、すばらしいコンセプトだと思うわ。シャリー・スポーク(LPGA設立者の1人)がメディアセンターの外に座っていて、挨拶したの。この1週間は特別なもので、ツアーの礎を築いた13人のすばらしい女性たちにちなんで名づけられたこの大会は、1週間以上時間をさくべきだと思うわ」
 ミシェル・ウィー(米国)も、この大会がツアーの選手たちにとってどれほど大切なものかというウェブの意見を繰り返した。
 「今大会は明らかに特別なもの。個人的には、私たちが置かれた状況を何度も忘れかけているわ。創設者たちは過去にそれだけ苦労し、どれだけの犠牲を払ったかを忘れている。今日、私たちが賞金や他のすべてに関して当たり前と思いがちだけど、すべては創設者たちのおかげで、彼女たちにささげる大会があるのは本当にすばらしく特別な事。振り返ってツアーに対してだけでなく、一般的に女性として行ってくれたことに対して感謝してるわ」
 最後にウェブはこんなコメントを残した。
 「これから先も、私たちの歴史の一部となる大会であってほしい」
※USLPGA公式サイトより提供
<ゴルフ情報ALBA.Net>