離婚を発表したスザンヌ (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 タレントのスザンヌ(28)が17日、自身のブログを更新し、元ソフトバンク投手で野球評論家の斉藤和巳氏(37)と離婚したことを発表した。

 スザンヌは「関係者の方々、応援してくださっている方々には私的なことでご心配、ご迷惑をおかけしました」と謝罪し、離婚理由については「お互いの仕事が福岡中心、東京中心と離れていたことにより、すれ違いが多く、家族としての時間が十分に持てなくなった」、さらに「私が出産、育児にいっぱいいっぱいになってしまい、彼に対して思いやりを持つことができなかったのかもしれません」と伝えた。

 二人は2011年12月に結婚。14年1月に第1子となる男児が誕生しており、スザンヌは「それぞれ別の道を歩むことになっても、息子に対し、それぞれ父親、母親として協力して責任を果たしていきたい」とコメント。なお、長男の親権については言及していない。

 最後は「彼を尊敬する気持ちは変わりませんし、これからは友人として新たな関係を築いていけたらと思っています」と斉藤氏への思いをつづり「今後も子供の人生を第一に考えながら、仕事に邁進していく所存です」と結んだ。

■コメント全文

 この度、私、スザンヌは夫・斉藤和巳さんと離婚したことをご報告させていただきます。

 関係者の方々、応援してくださっている方々に、私的なことでご心配、ご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。

 私達は、お互いの仕事の都合上、福岡中心、東京中心と離れていたことにより、すれ違いが多く、家族の時間が十分に持てなくなり、そしてわたしは、はじめての出産、育児に、いっぱいいっぱいになってしまい、彼に対して思いやりを持つことができなかったのかもしれません。

 それぞれ別の道を歩むことになっても、息子にとって、父親として母親として協力し、責任を果たしていきたいと思います。

 今でも彼を尊敬する気持ちは変わりませんし、これからは友人として新たな関係を築いていけたらと思っています。

 今後も子供の人生を第一に考えながら、仕事に邁進していく所存です。

 何卒よろしくお願いします。