「デカ顔」はヘアアレンジで隠せる!?小顔になれる髪型のポイント4つ

写真拡大 (全5枚)

小顔に見せようと自分でせっかくヘアアレンジをしても、なんだか逆に顔が大きく見えてしまう……ということ、ありませんか? そこで今回は、表参道・銀座・原宿・新宿に店舗を持つ人気ヘアサロン「joemi by Un ami (ジョエミ バイ アンアミ)」のマネージャー小倉太郎さんが教える、ヘアアレンジの“4つのルール”を伝授してもらいました!

■小顔に見える!4つのポイント

(1)ルーズ感

例えば一つに束ねたい時は、ぴっちりまとめるのではなく、柔らかさを出すことを意識してみて。まとめ髪は、抜け感が大事。しかし、毛先がバラバラだとせっかく出したルーズ感も、寝坊したようなボサボサ髪に見えてしまうので、スタイリング剤をつけて調整してあげましょう。

(2)トップを高くする

また、結わいた時に頭のトップの部分に少し手を入れつまみ、高さや膨らみをだしてあげると頭の形が丸くなり小顔効果も。わざとらしくならないよう、少しだけつまむことがポイントです。

(3)分け目をなくす

髪を結わくと、どうしても分け目が見えてしまいますよね。その分け目が見えると、髪がペタッとてボリュームが少ない印象になりがち。分け目はあえてはっきりさせない方が小顔に見えるポイントです。前髪を後ろの方から持って来てあげると効果的。雰囲気も柔らかくエラの部分もなんだかシャープに。

(4)サイドを落とす

顔のサイドには、毛先が遊ぶ程度に髪を少し落としてあげましょう。落とした部分は軽く巻いて、ゆれる感じを演出するとなおグッド!


セルフでアレンジする時も、サロンでオーダーする時も、小顔にみせたいならこの4つのポイントを抑えておきましょう。みなさんも是非、試してみてくださいね!


(菅野広恵)

【関連記事】
美しいツヤ髪を手に入れるためのヘアケアまとめ

【取材協力】
※ヘアサロン『joemi by Un ami』
※スタイリング/小倉太郎(『joemi by Un ami』マネージャー)
※カメラマン/武重到