「性感染症」と嘘の診断をした院長に損害賠償求める 原告が勝訴

ざっくり言うと

  • 会社役員の男性が「新宿セントラルクリニック」院長に損害賠償を求めた訴訟
  • 東京地裁は院長が故意に虚偽の診断をしたと認めて25万円の支払いを命じた
  • 男性は「クラミジア感染症」と告げられ、抗生剤などを処方されていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング