触れたくなるようなピュア肌を演出!

写真拡大

常盤薬品工業(東京都中央区)は、コスメブランド「舞妓はん」からベースメイクの仕上げや化粧直しに最適な「化粧もちおしろい」を2015年4月7日に発売する。

04年に誕生した本格派和コスメブランド「舞妓はん」がリニューアル。日本の伝統文化と心を活かしながら、現代女性が共感するリアリティと質感を融合させたブランドとして新たに生まれ変わるという。

リニューアル第1弾の「化粧もちおしろい」は、思わず触れたくなるピュアな「おぼこい(西日本の方言で幼い、初々しいの意)肌」を演出。独自の「絹仕立て処方」を採用し、体温で溶ける美容液成分(ヤシ油、アロエベラ葉エキス)で包み込んだパウダーを配合することで、さらさらなのに絹のようなしっとりとした透明感ある仕上がりを実現した。

また、多孔質パウダーを配合し、皮脂を吸着。撥水&撥油処方で汗や水をはじき、化粧崩れしにくく、透明感が長持ちするという。

桜の花エキス、大豆エキス、ツバキ油、ヒアルロン酸Na、セラミド3、スクワランと6種類の美容液成分も配合した。

パフを上から押さえると伸びる伸縮ネットを採用したことで、容器を逆さにすることなく、細かな網目から均一に粉を取ることができて扱いやすい。

桜色(シアーピンク)と肌色(シアーベージュ)の2色展開で各1650円(税別)。