16日放送の「YOUは何しに日本へ?」(テレビ東京系)で、“伝説のゲームセンター”と呼ばれる「ミカド」を紹介した。

番組では、東京の高田馬場にあるゲームセンター「ミカド」に集う外国人たちを取り上げた。

ミカドは、最新タイトルのアーケードゲーム機だけでなく、レトロ機や、滅多に見かけないレアなタイトルのアーゲードゲームが多く集められており、知る人ぞ知るゲームセンターだ。また、店内での対戦イベントの様子をインターネットで配信しているのも特長だ。

番組スタッフが、成田空港で声をかけたフランス人男性が、ミカドに行くために来日したと明かしたことが発端でミカドを取材することになった。

そのフランス人男性は、ミカドについて「世界中の強いゲーマーが集まる聖地」で、フランスでは有名だと説明した。

このフランス人男性へのインタビューで興味を持った番組スタッフが、ミカドに突撃取材をした。すると、店内に多くの外国人を発見、彼らはみな、ミカドに訪れるために海外からやってきたというのだ。

店内にいたサウジアラビア人男性は、来日する前からミカドをインターネットで知っていたという。別のイギリス人男性も、ミカドを「伝説のゲームセンターとして、みんな知っている」と語った。

ほかにも、店内にいた外国人客から「世界の一流プレイヤーが集まっている」「人気の観光スポット」「(ミカドは)有名」といった声が次々に飛び出した。

日本では決して一般的に知られているスポットとは言い難いが、番組でインタビューした外国人はみなインターネットでミカドの存在を知り、憧れを抱いてやってきたことを明かしていた。

さらに番組スタッフがミカドの店員に話を聞いてみると、ほぼ毎日、格闘ゲームの大会を開催しており、その様子をインターネットで配信していると語った。そして、インターネットで大会の様子を見た海外のゲーマーがミカドにやってくるというのだ。



【関連記事】
米国で伝説のバンドマンが「お願いランキング」街頭インタビューに出演 田園調布の自宅も披露
「スッキリ!!」レポーター・阿部祐二、コミケ会場でファンの言葉に感動 「役名で呼んでくるなんてさすがコミケ」
林修氏が「ゲームは1日1時間」に徹底反論「光と音の反応に時間を使うのはどうなのか」