ピカソの直筆画も!東京駅のギャラリーで20世紀美術を知る展覧会開催<br />

写真拡大 (全2枚)

20世紀を代表する芸術家・ピカソ。「ゲルニカ」や「泣く女」など革新的な絵画で有名な彼が、実は初期の頃から次々と画風を変えていたのはご存じ?

2015年3月21日(土)から5月17日(日)まで、東京ステーションギャラリーでは、ピカソの絵のスタイル変化とともに20世紀の美術を考えようという企画展「ピカソと20世紀美術」を開催。こちらは北陸新幹線の開業を記念して、国内外の充実した近代画コレクションで知られる富山県立近代美術館の収蔵品をメインにしたもの。

会場では、9点のピカソ作品をはじめ、シャガール、カンディンスキー、ミロ、ウォーホルなど、20世紀を代表する47作家の作品を約100点もご紹介。キュビスム(立体派)やシュールレアリスム(超現実主義)、さらに抽象絵画やポップアートといった20世紀美術の流れが一度に分かる展覧会に。

特にピカソは、新しい美術の流れに乗ってスタイルをどんどん変えていったことでも有名。「今回は初期の作品2点と、キュビズム時代の作品3点、新古典主義が1点、それ以降の作品3点が展示されますが、同じ作家の作品とは思えないほどです。ただ、その時々でお付き合いしていた女性が違うため、女性に合わせて画風を変えていたのでは、とも言われているそうです」と、学芸員の田中さん。

さらに、ピカソの作品が版画2点のほか、木炭画1点や油彩6点と、絵画を中心に充実した内容で、その内4点は東京ステーションギャラリーの所蔵品なのだとか。

富山県立近代美術館では、これまで東京にまとめて作品を出す機会がなかったけれど、今回は北陸新幹線開業で特別に貸し出したそうで、さらにこの時期、富山でも同じように20世紀の美術を巡る展覧会を実施。新幹線だと富山までは2時間少々になるので、東京の展覧会を見た後に富山へ行って、両展ともコンプリートする旅プランもおもしろいかも。

上・ワシリー・カンディンスキー 散文詩画集『響き』より 《万聖節》 1911 年 富山県立近代美術 館蔵
下・ワシリー・カンディンスキー 散文詩画集『響き』より《叙情的なるもの》 1911年
富山県立近代美術館蔵