写真提供:マイナビニュース

写真拡大

地主恵亮さんは3月21日・22日、写真展「妄想彼女」を新宿ゴールデン街のバー「あるぱか」(東京都新宿区)で開催する。

「ひとりデート」マスターとして知られるライターの地主恵亮さん。ひとりデートとは、まるで彼女と過ごしているかのような写真を自分一人で撮って、SNSにアップする活動だ。

地主さんはひとりデートの写真をネット上にアップし続けた結果、2013年に英ガーディアン紙が選ぶ「世界で最も気持ち悪い男」ランキングで1位に。さらに昨年には、書籍『妄想彼女』(鉄人社/税別1,200円)を出版した。

写真展では、この書籍『妄想彼女』に収録されている写真を大きくプリントアウトしたものを約60点展示する予定とのこと。当日は地主さんも在廊するという。

書籍の担当編集者は、「お花畑のような妄想恋愛とリアルな現実が複雑に絡み合うカオスな写真たちを、心ゆくまでご覧ください。当日はバーとしても営業いたしますので、地主さんとの小粋なトークもお楽しみいただけます」とコメントしている。ソフトドリンク・アルコール500円〜。

時間は3月21日が15時〜18時、3月22日が15時〜20時。会場の「あるぱか」は、新宿ゴールデン街 あかるい花園一番街 2階。未成年への酒類の販売は不可、身分証の提示を求められる場合もある。「会場のスペース上、生花などご遠慮申し上げます」とのこと。