幼少のころからバスケットボールに夢中となり、山形南高時代にインターハイでベスト16も経験した村上駿斗(むらかみ・しゅんと)は、多くのライバルが国内の大学に進学する中、アメリカへの挑戦を決めた。スラムダンク奨学制度(※)に応募し、トライアウトを経て、見事合格。そして2014年春に渡米し、秋からアメリカ北東部コネチカット州にあるサウスケント・スクールでバスケットボール生活の日々を送っている。アメリカに渡って約11ヵ月――、第7回スラムダンク奨学生・村上駿斗がそこで感じたものとは?

(※)スラムダンク奨学制度=漫画『スラムダンク』の作家・井上雄彦氏が、「バスケットボールに恩返しがしたい」との想いで設立されたプロジェクト。奨学生をプレップスクール(大学に進学するまでの私立学校)に派遣し、14ヵ月間、勉強とバスケットボールのできる環境を提供している。スラムダンク奨学金ホームページ→http://slamdunk-sc.shueisha.co.jp/

【スラムダンク奨学金7期生・村上駿斗インタビュー@前編】

 サウスケントのバスケットボール・シーズンには、雪と寒さがつきものだ。今年2月末、スラムダンク奨学金7期生の村上駿斗に会うためにサウスケントを訪れたときも、数日前に降った雪が地面を覆い、気温も氷点下と冷え込んでいた。

 もっとも、山形県出身の村上にとって雪や寒さは、日本とあまり変わらない数少ないことのひとつだった。「山形と変わらないです。山形はここほど寒くないですけれど、雪はもっと多いので慣れています」と村上は言う。

 それにコート上では、日本ではなかったような熱い戦いがあった。1年近く前にサウスケントに来たときから毎日のように、練習前にやっている年下のチームメイト相手との1対1勝負だ。それが、村上にバスケットボールの楽しさを再発見させてくれ、それと同時に成長の糧(かて)となっていた。

―― サウスケントでのバスケットボール・シーズンは間もなく終わりますが、実際に戦ってみた感想や手応えなどを聞かせてもらえますか?

村上駿斗(以下:村上):シーズン序盤の最初のほうはプレイタイムをなかなかもらえなくて、勝ちが決まった試合の残り数分の場面でしか起用してもらえなかったんです。初めてのアメリカという環境で、久しぶりのガード(身長183センチの村上は高校3年間、山形南でセンターのポジション)。限られた時間の中で、なかなか自分のプレイができなくて......。悔しい気持ちがあったので、そこから練習を頑張るようにしました。

 ただ、シーズン中盤に中心選手のひとりがケガしたことで、少しずつプレイタイムも増えてきました。自分の持ち味のディフェンスや、ポイントガードとしてチームをコントロールすることを見せることができるようになったので。その後、2月にもうひとりのスタメンだった選手がケガしたので、スタートで起用されるようになりました。今、ケガしたふたりは戻ってきたんですけれど、今もスタメンで使ってもらえています。

―― 久しぶりのガード、しかも日本より身体の大きな選手たちの中でプレイすることは大変だったのではないですか?

村上:その克服の仕方として、チームメイトのトレモントという全米でも有名で、コーチからもナンバー1プレイヤーと呼ばれているガードの選手と、プレシーズンからずっと1対1をやっています。練習中もマッチアップさせてもらっているので、それが一番の自信につながっています。

 昨年の春、サウスケントに来てトレモントと初めて1対1をしたときは、11点先取の勝負を11対0でボコボコにされたんですよ。しかも、トレモントは当時16歳。自分の弟と同級生です(笑)。ディフェンスで全然止められなくて、オフェンスを1回もさせてもらえないまま全部やられて、「これがアメリカなのか」って本当にショックを受けました......。

 日本にいるときの自分は、けっこうプライドとか高かったと思います。だけど、こっちに来てバスケットに対する考え方が変わったので、本当にうまい選手のことは見習おうと思うようになったんです。それから、知りたいことがあるとハンドリングひとつにしても、トレモントに聞きに行くようにしたんです。年下なんですけれど、「バスケはうまい」って認めているので。すると、トレモントも練習時に、「今のプレイはこうしたらいいんじゃないか?」とアドバイスをくれるようになりました。

 また、トレモントも1対1をするのが好きで、練習前に自分といつも「1対1しよう」って言ってくるんです。シーズン途中で初めて1対1で勝つことができたときは、かなり嬉しかったです。一方、トレモントはかなり悔しがって、「お前、うまくなったなぁ」って言われました。今となっては互角に戦えるようになったので、本当に嬉しいですね。トレモントは悔しがると、「もう1回だ」って自分が勝つまで挑んでくるので、そういうところが日本にはなくて面白いです。

―― 身近なところに、それだけうまい選手がいることが刺激になっている?

村上:はい。かなり刺激的です。うまくなりたくてアメリカに来たので、スタメンになるとか、大学進学のこととかを考える以前に、とにかく目の前のトレモントを倒すというのが、何よりも面白くて......。毎回、練習が楽しみなんです。それが、うまくなれた一番の要因だと思います。

―― アメリカではどういうプレイスタイルで勝負しようとしているのですか?

村上:渡米する前は、アメリカでは得点力のある選手が試合に出ている、というイメージがありました。「シュートを決めてなんぼ」みたいな感じなのかなって思っていたんですよ。でも、アメリカに実際に来てみると、コーチのジェファーソンはディフェンス第一で、「ディフェンスをしない選手は使わない」っていう主義。その部分は、自分が日本でやってきたことと同じだったんです。

 高校で3年間、センターをやってきたことを少し後悔したこともありました。高校でもガードをやっていたら、アメリカに来てからもプレイにつながっていたんじゃないかなと考えたこともあって......。でも、結果的には、高校3年間でディフェンスを中心にやってきたり、リバウンドに対する意識が高かったからこそ、アメリカでプレイタイムをもらえるようにもなりました。山形南高校でやってきたディフェンスとリバウンドという基礎の部分をアメリカに来ても求められたので、日本で3年間やってきたことが今のスタメンにつながったと思っています。

 それと、アメリカに来てプレイスタイルが変わったんです。自分のポイントガード像は、点を取るのも大事ですけれど、やっぱりパスでチームを組み立てられる選手。自分は派手なダンクとか、3ポイントを何十本も決めるようなプレイヤーではないので。もちろん、そういうプレイヤーも目指してはいるんですけど、ただ、身体能力の高いチームメイトがたくさんいるので、彼らに点を取らせて、ディフェンスでは相手のポイントガードにプレッシャーを与えてスティールするというプレイスタイルでやっていきたいと思っています。あと、大事な場面で点を取ってこられる選手。少ない得点でも、試合の流れを変えられるプレイヤーになりたいと思っています。

―― ポイントガードというポジションは難しいでしょう?

村上:難しいです。かなり、難しいです。そこはかなり苦労しました。正直、言葉の壁があったので、最初はプレイコールをひとつするにしても、『何を言っているんだ?』みたいな場面もありました。自信を持ってハッキリと言わないと、チームメイトは聞き取ってくれない。あと、みんなが自分の主張をしてくるので、その主張をしっかり聞いて把握しないと、勝手に自爆されてしまいます。相手の主張を聞き取って、自分の意見もしっかり言って盛り上げる――というポイントガードの仕事を、少しはできるようになってきたと思います。

(後編に続く)

宮地陽子●取材・文 text by Miyaji Yoko