任天堂とDeNAが業務・資本提携、スマホ向けゲームアプリなど共同開発へ。

写真拡大

任天堂とディー・エヌ・エーは3月17日、スマートデバイス向けゲームアプリの共同開発・運営や、多様なデバイスに対応した会員制サービスの共同開発に関する業務・資本提携に合意したと発表した。

今回の資本提携では、DeNAの発行済株式数の10.00%(総額約200億円)を任天堂が取得。同時に任天堂の発行済株式数の1.24%(総額約200億円)をDeNAが取得する。

業務・資本提携は、互いの分野における強みを融合することにより、グローバル市場を対象とした新たな事業機会を創造できると考え、協議を重ねてきたそう。

具体的には任天堂のキャラクターを含む任天堂の知的財産を活用したゲームアプリを新規に共同開発・運営するほか、任天堂のゲーム専用機だけでなく、PC、スマートフォン、タブレットなどの多様なデバイスに対応した新たな基幹システムを構築し、その基幹システムを用いた会員制サービスを、平成27年秋の開始を目指して共同開発していく。

なお、全く新しいコンセプトのゲーム専用機プラットフォームを、開発コード名「NX」として現在開発中であることも明かされた。