写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)で17日、パークの新しい仲間となった映画『怪盗グルー』シリーズの人気キャラクター"ミニオン"がお目見えした。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは今月6日、"ミニオン"をテーマにした新エリア「ミニオン・プラザ」がパーク内のサンフランシスコ・エリアにオープン。ミニオングッズの専門ショップ「ミニオン・マート」、ミニオンをモチーフにしたフードを販売する「ミニオン・ハッピー・キッチン」、ゲームが楽しめる「ミニオン・スペース・キラー」が登場し、本日17日よりミニオン型のポップコーンバケツを販売する「ミニオン・ポップコーンカート」が誕生した。

そして本日17日、キャラクター"ミニオン"の初お披露目となるグリーティングを開催。ミニオンたちは、大好物のバナナを運ぶトラックに乗って登場し、オーバーオールにゴーグルというおなじみの姿を披露した。その後トラックから降り、ミニオンたちは手を振ってゲストにあいさつ。その周りに子供たちが集まり、一緒に記念撮影などを楽しんだ。

ミニオンたちは、20日から始まる新ストリート・ショー「ミニオン・フィーバー」に出演。ショーでは、ミニオンが大好物のバナナを求めて大騒ぎし、ユーモラスな動きやいたずらで盛り上げる。また、映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』で話題になった「バナナソング」も歌う。

なお、18日にはファミリーエリア「ユニバーサル・ワンダーランド」がリニューアルオープン。本日、新アトラクションやストリート・ショーなどがお披露目された。