サザエbot つぶやき入力フォーム スクリーンショット

写真拡大

正体不明のTwitterアカウント・サザエbot(@sazae_f)が、3月17日(火)の正午より、誰でもサザエbotでツイートすることができる「つぶやき入力フォーム」を公開した。

【サザエbotが誰でも使える! フォロワー数22万のbotがオープン化の画像・動画をすべて見る】

サザエbotは、その名の通り、国民的長寿アニメ『サザエさん』のパロディとして、自由奔放な発言や、格言めいたことをつぶやき続け人気となり、フォロワー数は、2015年3月現在、約22万人を誇っている。

ワカメ?22万人に向けてつぶやけるわよ〜!8( ^ω^ )8





インターネット上にのみ存在する仮想人格であり、2061年からやってきた未来人を自称するナカノヒトヨさんが運営するアカウント・サザエbot。

botとは、そもそもTwitterに搭載できる自動発言システム。あらかじめ設定した特定の時間に自動ツイートできたり、ユーザーのリプライ(返信)に自動で答えたり、特定のワードに反応するbotも存在している。

サザエbotは、これまでにも「サマソニ」や「ニコニコ超会議」、「文学フリマ」などのリアルイベントに参加を表明。2013年の12月には「サザエbotを探す会」が渋谷の街を舞台に開催されるなど、ネットにとどまらない活動を展開してきた。

また、2015年1月から12ヶ月連続で開催する月1トークセッション「Prophet」では、「未来」をテーマにナカノヒトヨさんと各回のゲストが、さまざまなテーマで語るイベントも話題となっている。

「つぶやき入力フォーム」では、匿名でツイートすることが可能となっており、タラちゃんや、カツオなど、つぶやきたい対象と、つぶやきたい内容、つぶやきたい時間帯を設定し送信することで、サザエbotから自動的につぶやかれるという仕組みだ。

この機能の実装により、サザエbotが、どのような展開を見せていくのか。botを開放するという異例の試みはじめ、まだまだ目が離せない。

※タイトルに誤った表現がございましたので、お詫びして訂正いたします