富山マラソン2015

写真拡大 (全17枚)

 富山マラソン実行委員会では、北陸新幹線の開業を機に、11月1日に開催する『富山マラソン2015』の参加ランナーのエントリーを、4月1日から開始する。定員は12,000人。

 大会キャッチコピーは「山・海・まち〜美しい富山湾を走ろう〜」。このキャッチコピーが表現するように、「世界で最も美しい湾クラブ」への加盟が認められた富山湾など、富山の豊かで美しい自然と、多彩な歴史や文化を楽しみながら、高岡市・射水市・富山市の3市の名所を横断するワンウェイのコースを走る。通常は走れない、長さ3,600m、高さ47mの新湊大橋を走れるのも特徴である。

 給食には、富山のますずし、かまぼこなど、富山らしい「食」を用意して、県外からの参加者を富山ならではのおもてなしで出迎える。

 高岡御車山、新湊の曳山、下村の流鏑馬などの伝統芸能を交えた応援のほか、中高生による吹奏楽やチアによる応援イベントでランナーを応援する。また、大会ゲストにはバルセロナ五輪銀メダリストの有森裕子氏とプロランニングコーチの金哲彦氏が登場し、大会を盛り上げる。

 エントリーは先着で、エントリーサイト「RUNNET」で行い、県民先行枠が4月1日12時〜4月15日、富山マラソン応援枠が4月1日12時〜8月28日、一般枠が4月20日12時〜6月15日となっている。参加料は10,000円(富山マラソン応援枠は15,000円)。