両モデルとも薄くて軽いが頑丈

写真拡大

日本ヒューレット・パッカード(HP、東京都江東区)は、ビジネス向けノートパソコン(PC)「HP EliteBook Folio 1020 G1シリーズ」2機種、「HP EliteBook Folio 1020 G1 Notebook PC」(EliteBook 1020)を2015年3月上旬に、「HP EliteBook Folio 1020 G1 Special Edition Notebook PC」(EliteBook 1020 SE)を4月中旬に発売する。

設計寿命は充放電約1000回、高耐久バッテリー採用

信頼性を保ちつつ堅牢性と最先端デザインを備える、厚さ15.7mmの薄型ボディー。

「EliteBook 1020 SE」は、マグネシウムリチウム合金と再生可能カーボンファイバーを独自配合した素材を使用し、約1kgの軽量化を実現した。重さ約1.2kgの「EliteBook 1020」は26方向落下、衝撃、高圧、高温、高湿度の耐久試験を求める米軍調達基準「MIL-STD 810G」に準拠。

OSは64bit版「Windows 8.1 Update」がプリインストールされるが、ダウンロード権を使い64bit版「Windows 7 Professional」を入手可能。CPUは「Core M-5Y51」。メモリーは8GB LPDDR3。内蔵ストレージは128、180、256GBのSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)から選択可能。ディスプレイは12.5型フルHD(1920×1080ドット)、またはクアッドHD(2560×1440ドット)液晶から選択できる。

約1000回の充放電を設計寿命とした高耐久のバッテリーを採用。バッテリー駆動時間は最大約9時間。両モデルとも価格は未定。