ファッション×テックが出合う1日──東京に「Decoded Fashion」がやってくる!(7/9開催)

写真拡大

ファッションとテクノロジーをつなぐ場として、ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、そしてSXSWまで、世界各国で行われてきた「Decoded Fashion」が、東京で開催される。「デジタル時代のファッション:未来の消費者と繋がるために」をテーマに、これからの顧客像の理解や、戦略や業務に活用できるソリューションを学べるプログラムが用意されている。

「ファッション×テックが出合う1日──東京に「Decoded Fashion」がやってくる!(7/9開催)」の写真・リンク付きの記事はこちら

雑誌『WIRED』VOL.13のファッション特集でもフィーチャーした「Decoded Fashion(デコーデッド・ファッション)」が、7月に東京で開催されることが決定した。

Decoded Fashionは、ファッション業界とテック業界とのハブになる存在として、世界に大きな流れをつくり出している存在だ(上記特集よりWIRED.jpに全文を転載した創立者、リズ・バセラーのインタヴュー記事に詳しい)。

“最もアナログ”なファッション業界が、テクノロジーについて理解を深め、彼らがテクノロジーを取り入れる後押しをするだけでなく、“ファッションから最も遠い”テック業界の人々がファッション業界に歩み寄り、彼らの現状理解や問題解決をする場を誕生させた、まさに2つの業界の架け橋、なのだ。

2011年の設立以降、彼らのイヴェントはニューヨークやロンドン、ミラノなど世界12カ国で開催され、ファッションとテクノロジーがつながるリアルな場となってきた。

ニューヨークのサミットではTumblr創業者・CEOのデイヴィッド・カープが、ミラノでは、イタリア版『VOGUE』編集長フランカ・ソッツァーニやディーゼルCEOのレンツォ・ロッソが、そして英国政府の全面協力のもと開催されたロンドンでは、元トップショップのCMOであり、バーバリーのデジタル革命を成功させたジャスティン・クックなど、ファッションとデジタルを横断する豪華陣が登壇。まさにその場から、数多くの新たなサーヴィスやコラボレーションを生み出してきた。

そして7月9日(木)、いよいよ東京でアジア初となる「Decoded Fashion Tokyo Summit 2015」が開催されることが決定。「デジタル時代のファッション:未来の消費者と繋がるために」をテーマに、弊誌『WIRED』のほか『VOGUE』『GQ』『VOGUE GIRL』を発行するコンデナスト・ジャパンが誘致する。

これからの顧客が何を考え何を欲し、その変化にあわせてテクノロジーをどのように活用できるのか。そのためのソリューションにふれることのできるプログラムが組まれている。

Decoded Fashionの創業者でありCEOのリズ・バセラーは、次のように言う。「ファッションはもっと変わる。だからこそブランドやデザイナーは、いままで以上に自らのヴィジョンを明確にもつ必要がある」

当日は、ブランドであればマーケティングやPR、CRMからeコマースまで、リテイルであれば百貨店からセレクトショップまで、ファッション業界で働くすべての人にとって、見逃せない内容となっている。新たなテクノロジーを開発する人にとっては、ファッション業界が抱える問題を解決することで、そこに新たなビジネスチャンスを見出す場になるだろう。

日本での開催、決定!
Decoded Fashion Tokyo Summit 2015

詳細・チケットの購入はこちらから

日時 2015年7月9日(木)10:00-17:30 (終了後、カクテルパーティあり)
会場 東京アメリカンクラブ(東京都港区麻布台2-1-2)
定員 400名
料金 VIPチケット:70,000円【1】/一般:30,000円【2】

【1】VIPチケットはイヴェント前日(2015年7月8日)18:00から東京アメリカンクラブで開かれる登壇者・関係者とのエクスクルーシヴ・ディナーと、イヴェント当日の全セッション、および終了後のカクテルパーティの参加を含みます。
【2】一般チケットはイヴェント当日に行われるすべてのセッション、および終了後のカクテルパーティの参加を含みます。

TAG

Decoded FashionEventFashion InnovationStartup