風に負けない強弾道ボールを打つための練習を積んできたという李知姫。土佐CCの風を見事に制した(撮影:ALBA)

写真拡大

 国内女子ツアー第2戦で3年ぶりの優勝を果たした李知姫(韓国)。鈴木愛を1ストローク差で追う20mのロングパットを決めるなど好調なパットが優勝の決め手となった印象だが、ショットの安定感も光った。
『PRGRレディス』の最終結果はスコア詳細速報でチェック!
 使用ドライバーは「オノフ 2014ドライバー タイプS」。ディースフェースでハードヒッター向けのモデルで、シャフトは「Fujikura ROMBAX TYPE-S」。手元側から中間までがしっかりしていて、中間から先が緩やかにしなるシャフトで、自然にボールをつかまえてくれる“ちょいお助け系”だ。
 シーサイドコース特有の風が難しい土佐カントリークラブの強風に苦しむ選手が多い中、大会3日間をフェアウェイキープ率は約8割。プレーオフ3ホールもティショットをしっかりとフェアウェイキープ出来ていた。昨年から変わらず使い続ける“エース”が力を発揮したことも勝利の要因だろう。
【李知姫のクラブセッティング(Whats in the Bag)】
ドライバー:オノフ 2014ドライバー タイプS
(9°/Fujikura ROMBAX TYPE-S)
3番ウッド:オノフ フェアウェイアームズ Labospec TS358
4、5番ユーティリティ:グローレF レスキュー
5I〜9I:オノフ フォージドアイアン KURO
ウェッジ:オノフ フォージドウェッジ プロトタイプ
ウェッジ54°/58°:タイトリスト ボーケイ SM4 TVD
パター:オデッセイ ミルド・コレクション No.5 パター
ボール:Z-STER XV
<ゴルフ情報ALBA.Net>