『鋼鉄の黙示録 (創元SF文庫)』チャーリー・ヒューマン 東京創元社

写真拡大

 原題はApocalypse Now Now。フランシス・コッポラ監督の映画『地獄の黙示録』(Apocalypse Now)を意識しているのは明らかで、邦題もその意を汲んでいるのだろうが、内容に合わせるとしたらちょっとカタい。Now Nowは南アフリカ(作者の出身地)の方言で「近い将来」をさす。これは不良少年の物語だし恋愛要素もけっこうあるので、いっそ『世紀末が来るぜ!』と意訳すればよかったのに。主人公のバクスターは16歳(シックスティーン)。そこが危NAI。......昭和なネタですみません。

 バクスターはケープタウンの高校生にして、学内で組織的にポルノDVDを売りさばいているグループ〈スパイダー〉の中核メンバー。他人をチェスの駒くらいに考え、「この世は醜くて残酷で血も涙もない。それを出しぬくには、もっと醜くて残酷で血も涙もない人間になるしかない」とうそぶくメチャ悪ガキだ。そのカレにしてこのカノジョあり。ガールフレンドのエズメはひどい盗癖の持ち主で、罪悪感のかけらもなく何でも掠めとってくる。

 そのエズメが何者かに攫われてしまい、バクスターは必死になって手がかりを追いはじめる。極悪カップルでも愛情はホンモノってあたりが泣かせるね(ヤンキー漫画かよ!)。

 まず目星をつけたのはポルノ絡みの誘拐だ。バクスターは〈スパイダー〉の仲間の協力を得て、クリーチャー・ポルノ(異形のモンスターが登場するAV)の制作者ユーリを拉致し、拷問にかけてエズメの居場所を吐かせようとする。このユーリはロシアマフィアの幹部との噂もある。そんな男に酷いことをして大丈夫か? あとでマフィアに捉まって大西洋に沈められたりしないか?

 そうとうムチャをするバクスターだが頭の回転はむしろ良いほうで、それが斜に構えたものの見方やジョークまじりの皮肉な口ぶりに表れている。この独特な饒舌も本書の楽しさのひとつだが、これもある種のヤンキー漫画を思わせる。いや、ここは格調高くホールデン・コールフィールドの直系と言ったほうがいいか。本書解説の橋本輝幸さんの言葉を借りれば「内面に秘める弱さ」「痛々しくこじらせた思春期」だ。

 さて、『ライ麦畑でつかまえて』の原型となった短篇は"I'm Crazy"(1945)と題されていたが、『鋼鉄の黙示録』のバクスターも頻繁に自分は狂っていると口にする。はじめのうちは露悪的にオレはイカれていると放言していたのだが、やがて身のまわりに超自然的な出来事が頻発するので、自分が正気を失ったのかと心底不安になってしまう。その発端はエズメの消息につながる唯一の遺留品----彼女の部屋に落ちていた発光する歯だ。この得体の知れぬ歯を、超常世界専門の賞金稼ぎジャッキー・ローニン(ロシアマフィアのユーリに"紹介"されたのだ)に見せたところ、精霊オバンボのものだと言う。

 クレイジーの程度で言えば、ジャッキーはバクスターを軽く凌駕する。マジで頭おかしい。かなりヤバい界隈を知っていたつもりのバクスターだが、ジャッキーに案内されたオカルティックな地下世界にはタジタジ。人気ポルノ俳優のゴブリン、人間をゾンビ化する寄生蜘蛛の女王、邪神に奉仕する悪魔のカラス......。これら異形のみなさんには、バクスターお得意の人心操作術も通用しない。しかも、この人外魔界全体を揺るがす陰謀が進行中で、政府の秘密諜報機関まで関わっていた。ピンチ!

 愛するカノジョを取り戻したいだけなのに、なぜ妖怪大合戦に巻きこまれないといけないんだ。そう思っていたバクスターだが、ここでSF的なドンデン返し。じつはことの核心は彼自身の身の上に関わっているらしい。えっ、オレって普通の高校生じゃなかったの? そこから先の物語はぐんぐんギアがあがる。

 覚悟を決めたバクスターは、敵に対抗する武器を手に入れるため、〈スパイダー〉が築きあげたポルノ産業をなげうって、高校内最大の不良集団〈タイスタイム・キッズ〉(その結束は第三帝国に喩えられる)の首領アンワルと取りひきする(しかし、校内で重火器が手配できるって......)。いよいよ戦争だ!

 作者チャーリー・ヒューマンは『鋼鉄の黙示録』がデビュー作。チャイナ・ミエヴィルやニール・ゲイマンに影響を受けているとのこと。以前この書評で取りあげたミエヴィルの『クラーケン』はオカルティック・ロンドンの激ヤバ活劇だったが、この作品もそれに似た味わいがある。

(牧眞司)