結婚を報告した元 Seventeen・Ray専属モデルの紺野ゆり

写真拡大

 タイ在住の日本人モデル・紺野ゆり(28)が、かねてより交際していた現地在住の年上の日本人男性と結婚したことが16日、わかった。きょう17日に本人がブログで報告する。

【写真】ドレス姿が素敵…タイで結婚パーティを行った紺野ゆり

 2013年7月から拠点をタイに移して活動してきた紺野は、現地で出会ったお相手について「ストイックで努力家、そしてとてもおちゃめな一般人」と紹介。「お友達ゼロの状態でモデルの仕事をしながら生活していたので、こうしてタイで人生のパートナーに出逢えた事をとても嬉しく思っています」と、異国の地での運命的な出会いに喜んでいる。

 ウエディングパーティーをタイで行った後、今年秋に日本で結婚式を行う予定。今後について関係者によると、引き続きタイを拠点に活動するが、年内に帰国し、日本での活動を本格的に再始動するという。紺野も「笑顔あふれたあたたかい家庭を築き、モデルとしても精進して参りたいと思います」と今後の抱負を述べている。

 紺野は『Seventeen』や『Ray』の専属モデルで活躍後、タイに拠点を移してからは現地版『Ray』の専属モデルと表紙を飾ったほか、女優として映画にも出演。タイ在住の日本人モデルとして現地で高い人気を集めている。