写真提供:マイナビニュース

写真拡大

優秀なデジタルコンテンツなどの製作者を表彰する「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'14 / 第20回記念 AMDアワード」の授賞式が16日、東京・明治記念館にて行われ、同アワード最高賞である「大賞・総務大臣賞」を『妖怪ウォッチ』が受賞した。

今回優秀賞を獲得した9作品は、いずれも平成26年1月1日〜12月31日までに注目された「最新のデジタル技術を駆使して制作されたデジタルコンテンツ」が対象。アニメ、ゲーム作品からは、小学生女児を中心に成年まで幅広い層に受け入れたれた『アイカツ!〜アイドルカツドウ!〜』や、国民的キャラクター『ドラえもん』を最新の3D技術で描いた『STAND BY ME ドラえもん』、『Ingress』、そして『妖怪ウォッチ』とが受賞した。

『妖怪ウォッチ』はゲーム、玩具、漫画などクロスメディアで展開され、小学生を中心に爆発的な人気を獲得。3バージョンで展開されたゲーム『妖怪ウォッチ2』は合計560万本、初の映画となった『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』公開16日間で興収54億円&動員数491万人と大ヒットを記録した。また、主題歌を担当したキング・クリームソーダ、Dream5が紅白歌合戦に出場するなど、2014年を象徴するコンテンツとなった。

登壇したレベルファイブの代表取締役社長・日野晃博氏は、「ゲームを売るというプロジェクトではなく、日本を代表するコンテンツにしたいという気持ちで『妖怪ウォッチ』を作りました。日本のコンテンツ業界には、まだまだチャンスがあると感じています」と熱弁。また、『イナズマイレブン』や『ダンボール戦機』といった多方面に展開するクロスメディア作品を7年間作り続けてきたレベルファイブというチームについては「今、日本の子供たちを一番理解していると自負しております」と自信をのぞかせた。

また、4月7日には『妖怪ウォッチ3』や『レイトン7』といった新作、さらには次世代大型クロスメディアプロジェクトなどの発表会「LEVEL5 VISION 2015 -THE BEGINNING-」の開催を控えているレベルファイブだが、日野氏は「まだまだたくさんの優秀な作品が生まれると思いますが、それらに負けず『妖怪ウォッチ』に次ぐ作品を発表していきたいです」と今後の展望も明かした。

■大賞・総務大臣賞妖怪ウォッチ(レベルファイブ)■AMD理事長賞Smart News(スマートニュース)■年間コンテンツ賞「優秀賞」アイカツ!〜アイドルカツドウ!〜(バンダイ/サンライズ)SEKAI NO OWARI ARENA TOUR2014「炎と森のカーニバル-スターランド編-」(TOKYO FANTASY)Ingress(ナイアンティック・ラボ)王様のブランチ「TBSぶぶたすアプリ」(TBSテレビ)STAND BY ME ドラえもん(「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会)チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地(日本科学未来館、チームラボ、日本テレビ放送網、BS日テレ)RICOH THETA(m15)(リコー)■20周年記念特別賞鈴木敏夫(スタジオジブリ)■20周年記念ソーシャルインパクト賞ご当地キャラ■江並直美賞(新人賞)藤本実氏(東京工科大学 メディア学部 メディア学科 博士)■リージョナル賞魅力ある愛媛の演劇コンテンツを海外へ 〜新たなビジネス展開と文化芸術の交流に向けて〜(愛媛CATV)