スウォッチのスマートウォッチは「全部入り」を目指さない

写真拡大

スウォッチのスマートウォッチは、モデルごとに「スマートな機能」が搭載される模様だ。まずは、タッチ決済が可能なモデルと、Bluetooth対応モデルが登場するという。

「スウォッチのスマートウォッチは「全部入り」を目指さない」の写真・リンク付きの記事はこちら

スウォッチグループCEOのニック・ハイエクは、「手首に装着する小さな携帯電話」をつくる予定はないと語った

ハイエクCEOによると、スウォッチは、ユーザーの希望にあわせて「スマートな諸機能を腕時計に統合していくこと」に力を入れていくという。つまり、全機能を搭載するのではなく、モデルごとに違う機能を追加していくということだ。

まずは、近距離無線通信(NFC)チップを搭載し支払いができるようにする予定だ。

関連記事
スウォッチのスマートウォッチへの参入は「単独で」

スウォッチは、中国の銀行カード連合組織である中国銀聯(ユニオンペイ)と、同国におけるタッチ決済で提携している。『Reuters』の記事によると、現在、中国以外での提携のため、VISAや、スイスの銀行(銀行名は不明)とも交渉中だという。

また、スマートフォンとBluetoothでつながり、ニュース更新やテキストメッセージ、各種通知などのデータを送受信できるスポーツ向けモデルも登場する。Bluetoothに対応した最初のモデルはこの夏の発売と見られる。

「好きなスウォッチを購入し、自分で構成してほしい」と、ハイエクCEOは述べている。「必要な用途があれば、クリエイティヴな人たちにアプリをつくってもらうことになる。われわれのチップには、自分でプログラムができるよう、さまざまなレイヤーがある」

スウォッチはまた、すでに販売中のフィットネス・トラッカーをモデルチェンジした。新しい「Swatch Touch Zero」は防水だ。ターゲットはビーチバレーをする人で、人からボールへの衝撃を測定することなどができる。バッテリーはスウォッチの通常のバッテリーで、これで何カ月ももつという(以下の動画)。

関連記事スウォッチのスマートウォッチ、発売はApple Watchと同時か

TAG

SmartwatchSwatchVideoWearable DeviceWIRED UK