360度動画に対応したYouTube(動画あり)

写真拡大

YouTubeが、360度動画のアップロードと鑑賞に対応した。「Android」版のYouTubeアプリでは、スマートフォンを動かすことで視点を変えることができる。

「360度動画に対応したYouTube(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

YouTubeは、1月に発表したとおり、「360度動画」のサポートを、モバイルとウェブ両プラットフォームの大部分で正式に開始した

YouTubeによると、Android版のYouTubeアプリ、ブラウザ版YouTube、およびChromeでの埋め込み動画が、360度動画の視聴に対応するという。モバイルでの閲覧では、拡張現実(AR)体験の場合と同じように、スマートフォンを動かすことで視点を調整することができる。デスクトップでは、マウスを使って動画をドラッグして、見る角度を変えることができる。iPhone、iPadへの対応はまだだが、将来的には対応するはずだ。

関連記事F1走行を360度、自由に見渡せるパノラマ「動画」

グーグルは、撮影した360度動画をYouTubeに簡単にアップロードできるようにするべく、カメラ各社と協力している。「Bublcam」のBubl Technology社、「360cam」のGiroptic社、「Allie」のIC Real Tech社、「SP360」のコダック、「Theta」(文末に動画)のリコーなどだ。

グーグルは今後、360度動画の自動判別機能、フィルター機能(レトロなレンズのぼかしは不可欠だ)、360度動画に適した検索機能などを追加していく。

こうした動画はまだ浸透していないかもしれないが、この形式に対応するハードウェアやソフトウェアは増えてきている。ヘッド・トラッキング機能を備えたゴーグルで「Galaxy Note 4」を顔に装着するサムスンの「Gear VR」は、Googleマップのストリートヴューの動画やいくつかのゲームタイトル以外のコンテンツを、いまかいまかと待ち構えている状態だ。

また、「空間写真」(spatial photography)を撮影できるというアプリ「Fyuse」など、360度動画で可能になる創造性を生かしたモバイルアプリも存在している。

WIRED.jpのレヴュー記事:その場の空間を360度キャプチャーする「RICOH THETA」

TAG

CameraRicohVideoWIREDYouTube