宇宙飛行士は“ホテルマン”を目指す

写真拡大

宇宙空間を舞台にしたビジネスは、もはや夢物語ではない。一定の収益を生み、継続可能なビジネスモデルがいくつも打ち立てられているのだ。「NEXT WORLD」取材班は、宇宙産業に乗り出したアメリカのヴェンチャー企業を取材した。

「宇宙飛行士は“ホテルマン”を目指す」の写真・リンク付きの記事はこちら
NEXT WORLD、15回の連載最終回!
NHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」。2015年1〜3月に放送されたシリーズ5回の放送では、科学やテクノロジーの進展によって実現しうる、夢物語ではない未来の姿が紹介された。『WIRED』では、番組の取材班が行った世界中の研究者や企業への広範な取材成果を、15回の連載記事として公開(WIREDでの特集ページはこちら!)。最終回は、番組第5回「人間のフロンティアはどこまで広がるのか」より、「宇宙ベンチャー」についてレポートする。

アメリカ西部で格安ホテルの有名チェーンを経営する“不動産王”が、1999年、宇宙開発会社を立ち上げた。その名はビゲロー・エアロスペース社。創業者であるロバート・ビゲローは、この会社で宇宙に居住空間を建設することを夢見ている。

ビゲローの右腕として知られる、同社のマイク・ゴールドはこう意気込む。「NASAの仕事はフロンティアの開拓です。しかし、われわれのような民間セクターや起業家の責任は、フロンティアを人間が住み、働き、ビジネスが繁栄する場所に変えることです。そのとき、暮らしの基盤が家でありオフィスであるのは、地球でも宇宙でも変わりません」

いま、民間人を宇宙に送り込む計画が世界各地で立ち上がっている。例えば、「マーズ・ワン」計画のように、とにかく人間を火星に送り込むことを目的としたビジネスはそのひとつだ。だが、当然ながらビジネスとして成立させたいのであれば、一定の収益を生む、持続可能なビジネスモデルが必要となる。

関連記事
マーズワン、火星移住の「片道切符」候補者100人を発表

民間企業の宇宙開発競争

宇宙でのビジネスチャンスを模索する人々は、すでに登場している。そのひとつが、ディープ・スペース・インダストリーズ社である。CEOのダニエル・フェイバーは、小惑星で採掘した資源を持ち帰るビジネスを始めたいと考え、出資者を募っている。

「これから宇宙採鉱の時代が到来します。この構想は20〜30年前からあったものですが、いまがそのときです」と、フェイバーは言う。

そう力強く語るフェイバーの頭のなかにあるのは、1980年代のコンピューター業界である。あの時期のIT業界のように、宇宙開発における技術革新のペースはどんどん加速し、性能の向上とコストの低下が一気に進むとみているのだ。彼は、早ければあと10年で宇宙空間での資源採掘が可能になると予測する。

「宇宙から物質を持ち帰るのに、技術的なブレイクスルーは不要です。必要なのは効率化とコスト削減であって、投資対効果で採算性を示すことです。われわれは鉱山の採掘業者を訪れ、鉱業の専門家を招き、アドバイスを受けています」

TAG

New BusinessNext WorldNHKSpaceSpaceshipSpaceX
fromDSIthumb

小惑星には電子機器に欠かせないレアメタルが多く眠っていると言われている。©DSi

ディープ・スペース・インダストリーズ社は一例にすぎない。

SpaceXを率いるイーロン・マスクや、マーズ・ワン計画のバス・ランスドルプなど、宇宙ビジネスを手掛ける人物は皆、口をそろえて、目標を達成するための必要な技術はすでにそろっていると語る。足りないのは、その技術をビジネスとして成立させるためのコストダウンと、優れたビジネスモデルなのだ。

関連記事
民間宇宙企業SpaceXの「3つの勝利」

いまアメリカでは、民間宇宙旅行など、これまでは夢のようだったビジネスが、真面目に検討されている。単に地球の外に飛び出すロマンを語るのではなく、宇宙をリアルな経済活動の場としてとらえる発想が、起業家たちの間に生まれているのだ。ビゲロー・エアロスペース社のゴールドは、そんないまの宇宙開発を、アメリカの西部開拓時代になぞらえる。

「アメリカ西部の入植のとき、政府は探検の支援こそしましたが、実際に定住して開拓したのは民間セクターです。ビジネスマン、農民、銀行家、起業家がフロンティアにやってきて、そこを住める街に変えたのです」

宇宙飛行士はなぜ“ホテルマン”を目指すのか

ビゲロー・エアロスペース社には、現時点ですでに二度の宇宙飛行の経験をもつアメリカの元宇宙飛行士、ジョージ・ザムカ氏が勤務している。ザムカはスペースシャトル「ディスカバリー」のパイロットとして国際宇宙ステーション(ISS)を訪れ、また、スペースシャトル「エンデバー」によるISS組み立てミッションでは船長=コマンダーを務めた。

ザムカは、同社の宇宙施設を管理・運用する、いわばパイロットとして雇われたのだが、それにしても、これほどの輝かしいキャリアをもつ人間が、同社の仕事に従事しているのはなぜなのか。

彼は次のように語る。「先週、アメリカでは宇宙飛行船オリオンの打ち上げが行われました。『次はなにか?』という問いに対して、この会社は答えをもっていると思うのです。ビゲロー・エアロスペース社が次に目しているのは、人間が宇宙を訪れて、そこで働く理由を与えることです。それは“宇宙の商業化”です。製薬や材料の研究、広告、ホテル、たくさんの分野があります」

bigelow3thumb

施設の中の様子。©NHK 2015

選ばれたごく少数のエリートしか手の届かない宇宙から、誰もがそこに住み「開拓」する場としての宇宙へ。そして、ザムカ氏もまたゴールド氏や他の宇宙の民間事業者のように、アメリカの開拓になぞらえて自らの役割を語る。

まずは最初に探検家が向かい、次にその資源を利用する開拓者がやってきて、次に安全な生活が提供できる専門家が来る。それらが確立すると、農業や工業がおこり、人々がその地で暮らしていけるようになる。ザムカは、その世代を超えた壮大な活動の中で、自分の役割を「開拓者たちを支援すること」と規定する。

「わたしのもつ知識を活用すれば、顧客は最善の方法で働ける環境をつくることができます」とザムカは言う。「なにせ宇宙空間では、物の整理や衣服を着替えることのような、日常的なことが複雑になってしまいます。わたしは最終的に、宇宙ステーションの乗務員になることになるでしょう。そのときそこに住む人たちは、宇宙ステーションのシステムがどのように働くかを学ぶ必要はありません。それはわたしの仕事であり、彼らには専門家の活動に集中してもらいます。いずれは科学者ではない人たちが『ビゲローのホテルに泊まった』と言う日が来るかもしれませんね(笑)」

その夢が実現した暁には、彼は「宇宙初のホテルマン」になるに違いない。ビゲロー・エアロスペース社のゴールドは、自分たちの技術を「民間宇宙開発の“根幹技術”」と語っていたが、当のビゲローは現在、アメリカでホテルチェーンを経営している。その経験から、誰もが手の届く価格で、快適で安全な居住空間が、ビジネスにおいていかに重要であるかを認識しているのだろう。

2015年春、ビゲロー・エアロスペース社はISSに、自社で開発を進める宇宙施設の試験機をドッキングさせる予定だ。施設の外壁は、伸縮性のあるタイヤのような素材でつくられ、宇宙で膨らませれば、打ち上げたときよりも数倍の居住空間を生み出すことができるという。“ラスベガスの不動産王”ビゲローの野望は、いよいよ実現に向けた一歩を踏み出そうとしている。

NHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」

最先端の研究を続ける世界の科学者、企業などへの取材と、その研究をもとにつくられた近未来ドラマで構成。5回にわたり、ビジネス、医療、エンターテインメントなどの分野で日々出現する新たなテクノロジーをかみ砕き、紹介してきた(番組公式サイト)。WIREDでは、取材班が追った内容を独占公開、全15回の連載記事をお届けする(WIRED特集ページ)。

TAG

New BusinessNext WorldNHKSpaceSpaceshipSpaceX