写真提供:マイナビニュース

写真拡大

J-SPORTSは3月26日、観戦型ダーツイベント「SUPER DARTS 2015」をZepp ダイバーシティ東京(東京都・台場)にて開催する。

SUPER DARTSとは、日本で誕生した招待制のダーツトーナメント。世界中で数多く開催されているダーツ大会の覇者(はしゃ)たちを集結させ、"真の世界一"を決定することを目的としている。2007年に第1回がスタートし、2013年4月には、会場を香港に移して初の海外開催を果たした。以降は海外招待選手も増加し、世界的に注目を集めるイベントとなった。

第7回を迎える今回は、決戦の地を前回の香港から東京・台場に移し、さらにパワーアップして実施する。観戦チケットはすでに全席完売しているという。日本人選手は、16人の出場枠に対して7人の参加が決定(3月12日時点)。昨年のワールドツアートーナメント「THE WORLD」フランス大会で優勝した村松治樹選手も参加する。現在、参加確定選手は14人で、残り2枠は本戦前に実施されるワイルドカードで決める。

開催時間は13時〜(開場12時〜)。なお、同イベントはWEB生中継も予定しており、出場者2枠を決めるワイルドカードは3月25日の12時から、本戦は3月26日の13時から、SUPER DARTS 2015の公式サイトで放送する。

(フォルサ)