稼げる男は『コスプレ上手』、稼げない男は『おしゃれ好き』!? 意外な見分け方の理由

写真拡大

「女性が結婚相手に求める年収と、実際の男性の年収に乖離がある」

SNSで見抜く“ダメ男”の特徴を解説!

この類の話しは、もはや都市伝説ではないのかもしれません。多くの調査で、この両者の間には大きな差があるといった結果が出ているのです。

その一例ですが、明治安田生活福祉研究所が行った調査によると(2014年3月21日-24日、20-49歳の男女3,616人)、結婚願望のある20-30代未婚女性を対象に、結婚相手に求める最低年収について尋ねた場合、20代では57.1%が、30代では65.5% が「400万円以上」を希望していることがわかりました。

一方、男性の年収の実態について、同じく20-30代未婚男性に調査したところ、「400万円以上」と回答したのは、 20代ではわずか11.7%、30代でも26.7%にとどまる結果に。また、「300万円未満」に関しては20代で65.5%、30 代で45.4%となり、女性が描く理想の年収と、大きな差があることがわかります。

この結果を受け、女性の皆さんは落ち込んでばかりいても仕方ありません。確かに、現在の年収はあなたの希望額と差があるかもしれません。ただ、あくまでそれは現在の年収です。もし、あなたのパートナーが今後、仕事で活躍することができれば、出世するなどして大幅年収アップも見込めます。ですので、どういった男性が「のびしろ」を秘めているのか、その部分の見極めが重要なのではないでしょうか。

■「稼ぐ力」を秘めた男性の特徴とは?

そこで書籍『稼げる男✕稼げない男の習慣』の登場です。同書は、50,000人以上のリストラと5,000人を超える次世代リーダー候補者を選抜した経験のある元外資系人事コンサルタント・松本利明さんの自著。松本さんは、稼げる男性には思考・行動・生活習慣に共通点があると同書で語っています。

様々な教えのなかでも、「稼げる男は『コスプレ』をして、稼げない男は『おしゃれ』をする」という教えは、わかりやすいのではないでしょうか。これならある程度、見た目で判断をすることができます。

■「稼げる男=コスプレ」の意味とは?

稼げる男性の多くは、自分の好きなファッションやおしゃれをしていません。彼らが強く意識しているのは、「自分の職業『らしく』見える服装」です。つまり、自分の職業に合わせた「コスプレ」ですね。

例えば、ベンチャー企業の経営者はどのような格好をしているでしょう。Tシャツやポロシャツといったラフなスタイルを想像するのではないでしょうか。こういった格好は、親近感が持てたりフットワークの軽さをイメージさせますよね。フェイスブックCEOのザッカーバーグは、同じTシャツを20枚以上も持っているそうです。

また、元伊勢丹カリスマバイヤーの藤巻幸大さんは、政治家や大企業の経営者と会う際にも、ジーンズに襟付きシャツ・ノーネクタイのジャケットスタイルという己のスタイルを通したと同書で紹介されています。皆、自分の職業に合った服を選んでいるのです。

社会人になると、相手が認める格好をすべきだと先輩らから教わります。スーツや鞄、靴、髪型・髭などについて厳しく指導されるものです。それはあながち間違ってはいないのでしょう。

「職業にあった服装をしていると、その職業人らしい意識や振る舞いに変わっていきます」と同書でもアドバイスされています。大切なのは、その職業に合った服装を知り、それを身にまということです。「コスプレをする」と言い換えて良いでしょう。そうすることで、意識や振る舞いが変わり、その職業を深く知ることができるのです。深く知ることができれば、その分、仕事で活躍するチャンスも増えるでしょう。

ファッション誌に載る服やアクセサリーというものは、アパレル業界がその時に「売りたいもの」を「おしゃれに」提案しているので、職業人が参考にするには相応しいとは言えません。

松本さんは、「自分の職業に合った服装を知るには、ファッション誌ではなくビジネス誌、特に業界を代表してメディアに出ている人の服装に注目するといいでしょう」と同書で説明します。

小さなこだわりでファッションをしているよりも、「コスプレ」として、その仕事に合わせた自分を演出できる人の方が、業界で活躍し、稼ぐことができるのです。あなたの気になる男性がどのような格好にこだわりを持っているか、その姿勢を見ることで、将来の可能性を見ることができるかもしれませんね。是非、参考にしてみてください。

【書籍情報】『稼げる男✕稼げない男の習慣』松本利明著 アスカ