『桜』

写真拡大

花粉の飛散状況と桜の開花予測が気になる季節がやってきた。東京の桜は3月25日前後に開花するそうだ。沖縄では1月中旬から桜まつりが開かれ、一方、北海道では5月に入ってようやく開花する地域もある。日本列島が南から北へ春色に染まっていく光景を想像すると、花粉のことはひとまず忘れて外に飛び出したくなる。満開の桜の木の下で、読書がしたい。

J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」http://www.j-cast.com/bookwatch/でも特集記事を公開中。

桜には野生種と栽培種がある

世界には約100種の野生の桜が確認されているが、意外なことに日本にはたった10種類しかないそうだ。桜と聞いて私たちが思い描くのは、野生種ではなく栽培種の染井吉野だ。染井吉野は一説によると、短命だと言われているが本当にそうなのか。今、問題視されている「遺伝子汚染」とは...? 毎年春になると、杯を傾け、スマホをかざし、花を愛でるのに、私たちは桜という植物に関して、あまりにも無関心だったようだ。岩波書店の『桜』(著・勝木俊雄、928円)は、桜の研究者が最新の基礎知識を紹介する。野生の「山の桜」と、染井吉野をはじめとする「里の桜」の両方を詳しく解説。さらに桜が日本の文化に与えた影響などにも触れる。

桜に一生を捧げた男の物語

桜の研究といえば、笹部新太郎という伝説的な人物がいた。明治生まれの笹部は、東京帝国大学法学部を卒業後、犬養毅の秘書を務めたエリートでありながら、定職に就かず、日本全国をめぐり、桜の固有種の研究と保護に私財を投じた。現在も花見の名所として名を馳せる大阪造幣局の通り抜けや奈良県の吉野などは、笹部の管理・指導によって今の姿となっている。

直木賞作家である水上勉が、笹部をモデルに描いた小説が『櫻守』(新潮社、723円)だ。なつかしくおだやかな関西弁がじんじん心にしみていく。1967年に毎日新聞で連載された作品が書籍化されて以来、長く愛されている名作である。

本屋さんが絶賛する気鋭作家の新作

インタビューに呼ばれたり、SNSで推薦されたり、書店員からの評価がめっぽう高い彩瀬まるという作家がいる。今月発売された彼女の最新作は、桜の季節が舞台だ。その名も『桜の下で待っている』(1512円、実業之日本社)。桜の木を縫うように新幹線が走る、ほのぼのした表紙をめくると、東北新幹線で北上する男女5人の「ふるさと」にまつわる連作短編集が始まる。第5話はタイトルと同じ『桜の下で待っている』だ。両親が離婚している主人公の「さくら」は、自分には「ふるさと」と呼べる場所はないと思っているが...。新幹線の隣の座席に座っていそうな"普通顔"の主人公の心情がていねいに描かれ、自然と話に引き込まれた。「はじまりの物語」というだけあって、読後はちょっと気持ちがいい。