21歳のスピースが2勝目を挙げた(Photo by Sam GreenwoodGetty Images)

写真拡大

<バルスパー選手権 最終日◇15日◇イニスブルックリゾート・コパーヘッドコース>
 フロリダ州にあるイニスブルックリゾート・コパーヘッドコースで開催された、米国男子ツアー「バルスパー選手権」。最終ラウンドを終えてパトリック・リード(米国)、ジョーダン・スピース(米国)、ショーン・オヘア(米国)がトータル10アンダーで並んでフィニッシュ。プレーオフに突入した。
石川遼は今季5度目の予選落ち
 プレーオフは18番で行われた1ホール目は全員パー、続く16番で行われた2ホール目も全員パーで勝負は17番パー3での3ホール目へ。ここでバーディを奪ったスピースが優勝を飾った。スピースはこれでツアー通算2勝目。松山英樹のライバルが昨年惜敗した「マスターズ」へ向けて弾みをつけた。
 トータル9アンダーの4位にヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、単独首位からスタートしたライアン・ムーア(米国)は1つスコアを落としトータル8アンダーの5位に終わっている。
【最終結果】
優勝:ジョーダン・スピース(-10)
2位T:パトリック・リード(-10)
2位T:ショーン・オヘア(-10)
4位:ヘンリック・ステンソン(-9)
5位:ライアン・ムーア(-8)
6位:トロイ・メリット(-7)
7位T:ダニー・リー(-6)
7位T:ジェイソン・コクラック(-6)
7位T:ルーカス・ガスリー(-6)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【コラム】苦悩のシーズン…石川遼、米ツアーでの“心の戦い”
米国も日本も韓国の草刈り場!? この状況をどう思う?
美女とゴルフ&ドライブ!今回のクルマと美女は…