理想の男性はマンガの主人公・・・広瀬アリスの語る「夢中な人」に出演者が困惑

写真拡大

14日放送の「土曜スタジオパーク」(NHK総合)で、女優の広瀬アリスが明かす理想の男性像に出演者が困惑する一幕があった。

番組では、広瀬がゲストで出演し、マンガ「東京喰種 トーキョーグール」の主人公・金木研を「今、夢中な人」にあげた。

金木は、人を喰らう種族「喰種」の内蔵を移植されたことで「半喰種」となった人物だ。普段は人間の姿と意識を保っているが、覚醒するとムカデに近い身体を持つ怪物へと変わってしまい、人間と喰種との間で常に苦悩する宿命を背負っているのだ。

出演者の予想に反し、広瀬は覚醒後の金木のほうが好きなのだという。その理由を、「ダークヒーローなんですよ。人間食べるし、(喰種同士で)共喰いもするんですけど。元がすごい優しい人なんで、時々その優しさがでると『あっ』ってなっちゃうんです」とうっとりした顔で説明。

さらに、広瀬からは「実際(の男性)はあんまり考えたことがないかも知れないです」「金木くんじゃないとダメですねぇ」と驚きの発言も飛び出している。

MCのビビる大木が「いるかなぁ、金木くん」と困ったようにコメントすると、大沢あかねも「ちょっとマズいですね」と合いの手を入れてみせた。

なお、広瀬は兄の影響で大のマンガ好きだという。友人に「マンガ喫茶」と呼ばれるほど、自宅に大量のマンガがあると話していた。
(97)
【関連記事】
「うしおととら」アニメ化の情報に自衛隊宮城地本のTwitterアカウントがファン心をくすぐる投稿
広瀬すず、初恋の思い出を語る「ラブレターもらいました」「気まずくなっちゃった」
本田翼がTVでおススメマンガを紹介…取り上げられた「ドリフターズ」作者は「リアルほうじ茶吹いた」