ラグビー日本代表の花形選手のひとりである山田章仁。この冬は、パナソニック・ワイルドナイツのウイングとして活躍し、トップリーグのプレイオフで自身3度目のMVPを獲得。その後、オーストラリアに渡り、スーパーラグビー(※)に参加しているウェスタン・フォースの一員としてプレイしている。29歳にしてようやくたどり着いた最高峰の舞台。山田にとっては"10年越しの夢"が叶った瞬間だった。
※南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリアの3カ国、計15のクラブチームによるラグビーの世界最高峰リーグ。毎年2月から7月まで行なわれている

 山田がプロの選手として海外に憧れを抱いたのは今から10年前、オーストラリアに留学した時だった。山田は慶応大2年の春から夏にかけ、シドニーにあるイースタンサバーブスというクラブに在籍。得意の走りで仲間たちの信頼を集め、充実した日を送っていた。だがある日、チームメイトの何気ないひと言が、山田に強烈なプロへの思いを植え付けた。

「アキ(山田章仁)、留学の費用はどうしているんだ?」

 チームメイトにはアルバイトをしながらグラウンドに通うハングリーな選手もいた。それだけに「親に払ってもらっている......」となかなか言い出せなかった。

「正直、恥ずかしかった。いつまでも甘えていられない。プロの選手として世界で戦いたいと思うようになったのは、その時からです」

 大学4年になると、あちこちで「世界で戦いたい」と口にするようになり、自らも積極的に動いた。自身のプロモーション映像を作成し、欧州をはじめとする各国のクラブチームに送った。大学卒業後も「進路未定」として海外チームからのオファーを待ったが、現実は厳しかった。

 日本の大学ラグビー界では有名選手だったとはいえ、国際経験の乏しい山田を評価するチームはなかった。オファーがないまま海を越えることも考えたが、ビザを取ることすらままならない。結局、(当時)トップリーグの下部リーグにいたホンダと1年契約を交わし、技術の研鑚に励むことにした。ちなみに、「いつでも海外に行けるように」と、山田は一度も複数年契約を結んだことがない。

「当たりやスピードでは世界一になれないけど、相手をかわすとか、細かいせめぎ合いで世界一を目指したい」

 スピードのついた状態から、さらにギアを上げ、飛んだり、回ったりしながらタックルをかわす。誰も真似できないプレイを模索してきた。技術向上に努めた結果、2年間在籍したホンダではトップリーグに貢献し、三洋電機へ移籍した初年度の2010年シーズンは初のプレイオフMVPを獲得した。

 それでも海外からの誘いは来なかった。スポーツマネジメント業務を営む知人から聞いたのは、「留学という形なら」というものだった。

「まあ、よくある話です。まだ日本代表じゃないし......」

 そんな山田に転機が訪れたのは2012年。元オーストラリア代表監督のエディー・ジョーンズが日本代表のヘッドコーチ(HC)に就任した。山田は慶応大時代からジョーンズHCと親交があり、彼の考えていることを理解していた。

「ボールにたくさん触れるべき。テストマッチでやるにはもっと体重が必要」という、ジョーンズHCの要望に応えることとなる。前年度より約5キロ体重を増やし、がむしゃらにパスをもらった。タッチライン際が主戦場のウイングを務めながら、密集の周りを力強くかけた。そして、2012年度のトップリーグのトライ王に輝いた。

 日本代表には2013年秋から定着。そのシーズンはトップリーグプレイオフで自身2度目のMVPに輝くなど、誰もが認める中心選手となった。

「世界で活躍するには、まずテストマッチプレイヤーにならないと」

 そして1年後、ジャパンの遠征先だったグルジアホテルで、ジョーンズHCからスーパーリーグのウェスタン・フォースからオファーがあることを知らされた。代表でのパフォーマンスが認められたのだった。ウェスタン・フォース入りの話は、正式発表までパナソニックの仲のいい先輩にも黙っていた。

「契約ごとは、最後まで何があるかわからないので。自分の人生は、自分で守らないと」

 これまで何度も跳ね返された世界の舞台。慎重にならざるを得なかった。その一方で、プレイでは大きな自信を得ていた。今季のプレイオフの期間中、山田はこう語っていた。

「みんなことを知ることも大事ですけど、自分をアピールしないといけないと感じています。最近、チームでボールがもらえているのも、『こういうボールが欲しい』と言い続けてきたからだと思う」

 1月25日、東京・秩父宮ラグビー場で行なわれたトップリーグプレイオフ準決勝での東芝戦。この試合で山田は前半16分にトライを決めている。

 起点は敵陣10メートル付近のラインアウトだった。ラインアウトに参加していた選手の群れと、その隣にできていた相手守備網とのわずかな隙間。ここに駆け込んだ山田は、スタンドオフのべリック・バーンズからパスをもらうと、相手タックルを次々とかわし、そのままインゴールまで走り抜けた。山田自身はパスをもらった段階で好感触を得ていた。スーパーラグビー挑戦に向けて弾みのつくトライとなった。

「相手を見る、パスをもらう。あの場面は、そのまま切り取ってスーパーラグビーの舞台に持っていきたいぐらい。ラグビーって、シンプルなことをしっかりとやれば、自分の良さを最大限に生かせるんです」

 そしてスーパーリーグに参戦する前、こんなことを言っていた。

「もっと大きくなって、いろんなところでプレイしたいという気持ちはあります。ワールドカップを含めて」

 念願だった海外でのプロ生活を送ることになった山田だが、スーパーリーグが終着駅とは考えていない。まずは9月のイングランド。次の目標は、自身初のワールドカップで戦うことだ。

向風見也●文 photo by Mukai Fumiya