中国首相が全人代で安倍首相を牽制「歴史の責任を負うべき」

ざっくり言うと

  • 中国の李克強首相が15日の全人代で、日本は歴史の責任負うべきと発言
  • 戦後70年の首相談話を発表する安倍晋三首相をけん制したとみられる
  • さらに「新たなチャンスがある」と強調、日中関係の改善に期待を示した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング