「緑のコカコーラ」味のカギは甘味料「ステビア」 「飲みやすい」「味薄い」評価分かれる【レビューウォッチ】

写真拡大

コカ・コーラシステムは2015年3月9日、「コカ・コーラ ライフ」を発売した。

「コカ・コーラ」ボトル誕生から100周年を迎えるのを記念した、07年発売の「コカ・コーラ ゼロ」以来8年ぶりの同ブランドの新製品。緑色のキャップとラベルがこれまでの製品との違いを感じさせるが、その味には早速賛否両論寄せられている。

「普通と変わらない」という感想も

ステビアの葉から抽出し、精製された天然の甘み成分で、カロリーゼロの甘味料「ステビア」と砂糖を用い、コカ・コーラならではの味をカロリーオフで実現した。

赤色のパッケージでおなじみのコカ・コーラだが、新商品は緑色のパッケージということで、ネット上では早速「緑のコーラ」の愛称で親しまれている。

実際に飲んでみた、という人も相次いでいて、ツイッターでは

「さっそく試飲してみたけども美味しかったです」
「飲み口いいし、甘みもそこまでないから飽きずに500飲めるから、コーラ甘くて嫌いって人にはぜひ飲んでみてください!」

など「美味しい」という声が上がる一方、

「氷に入れて薄くなったコーラみたい」
「安定のまずさ。ステビアがまずい」

など「口に合わない」という声も多い。「ステビア」の味が好みか否かが、味の評価を分けているようだ。

一部「味は普通のと変わらない気がする」「普通のコーラとの違いが分からんや」という声もあった。カロリーオフという利点があるので、普段甘味料の味が別に気にならない、というコーラ好きの人は試してみてもよさそうだ。

希望小売価格は1.5リットルペットボトルが320円、500ミリリットルペットボトルが140円、300ミリリットルペットボトルが115円(いずれも税別)。