ちゃんとつけてる? 働く女性の家計簿事情を大公開

写真拡大

家計簿をつけて日々のお金の出入りを管理することは、貯金を殖やすための大事なステップ。でも、しっかりつけている人がいる一方、つけてはみたものの3日坊主になってしまったり、面倒だから続かないという人も多いですよね。今回は働く女性たちの家計簿事情にずばり迫ってみました。

Q.あなたは、家計簿をつけていますか?

「つけている」54.5%
「つけていない」45.5%

家計簿をつけているという女性は半数以上。みなさん、しっかりとお金の出入りを管理しているようです。では、つけている人、つけていない人、それぞれの理由を聞いてみましょう。まずは家計簿をつけているという女性からです。

<家計簿をつけている女性の意見>

■記録することでお金の流れを把握できる

・「家計簿をつけなきゃお金が貯まりません。無駄遣いしたらすぐにわかるので反省できるし、今月はどれくらい貯まったとかがわかるので楽しい」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「雑誌に『お金を貯めるには支出を把握すること』と書いてあったのと、小さいころから母親に『お小遣い帳をつけていないとお小遣いあげないよ』と言われ、月に一度、残金とお小遣い帳が合っているかチェックされていたので、習慣づいているため」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「目で見ると、ますますお金を大事に使わないと、という気分になるから」(25歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

お金を貯めるためには無駄遣いをしたらすぐにわかる家計簿は必須のようです。余計なものを買ってしまったなというときも記録が残ることで自分自身の反省材料にもなりますね。

■貯金するため

・「どのくらい使って、どのくらい貯金できたか把握したいので」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「毎月の貯金額を見積もれるように。無駄使いを振り返って翌月の心構えができるので」(32歳/電力・ガス・石油/技術職)

貯金をするためには月々に必要な生活費を自分自身で認識しておく必要がありますが、そのためにも家計簿は必要。余ったら貯金しようというのではなく、貯金するために支出を見直すくらいの心構えがないとお金は貯まらないですね。

では、家計簿をつけていないという女性にも理由を聞いてみましょう。

<家計簿をつけていない女性の意見>

■面倒だからほかの方法で代用する

・「つけていたときもあったが、逆にお金を気にしすぎてストレスがたまってしまったから」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「面倒だから。つけなくてもだいたい把握できているから。ちなみに支払いをカードにしてその請求書が家計簿代わり」(27歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「ほとんどクレジットカードと、ポイント明細書と、通帳等でどのくらい何に使ったか把握できるため」(26歳/情報・IT/技術職)

・「つける時間がないので、使途ごとにお金をわけて入れている」(32歳/その他/事務系専門職)

家計簿をつけるのが面倒という人の中にはクレジットカードの明細などを家計簿代わりに利用しているという人もいるようです。これなら細かい作業をしなくても使途が一目瞭然なのでカード派の人にはオススメの方法かもしれません。

最後に、家計簿をつけているという女性にどんな家計簿を使っているのか聞いてみました。管理方法に迷っている人には参考になるかもしれませんよ。

■デジタル管理派

・「スマホのアプリで食費、日用品などカテゴリーごとに日次管理」(25歳/情報・IT/技術職)

・「無料の家計簿ソフト。週に一回全部のレシートを打ち込んで、銀行口座の金額と財布と電子マネーの残額のチェックをしている」(29歳/情報・IT/技術職)

スマホのアプリやパソコンのソフトを使えば計算の手間もなく簡単に管理できそう。操作が苦にならないという人にはよさそうですね。

■アナログ管理派

・「まっさらのノートに食費、日用品、レジャーなど、細かく表を作り、レシートを見ながら、10日分くらいをまとめて書く。月末には収入支出を計算し、結果を出す」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「買い物でもらったレシートを貼るだけ。そして、一カ月計算をする」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

お金の流れを手書きで記入していくというアナログ派もまだまだ健在。ちょっと面倒だなという人はレシートを貼るだけでOKという方法もあるので、できるところからはじめてみるといいですね。

お金を貯めるため、収支を管理するために必要だとわかっていても、ついおっくうになってしまうという人も少なくはない家計簿。家計簿ソフトで手軽に管理するなど、予算内に収まるかどうかをゲーム感覚で楽しむくらいの余裕が必要なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数264件(22歳〜34歳の働く女性)