『スター・ウォーズ エピソード8』公開は17年5月

写真拡大

「スター・ウォーズ」の配給会社となるディズニーが、2つの大ニュースを発表し世間を騒がせている。『スター・ウォーズ エピソード8』が2017年5月26日に公開され、また同シリーズ初スピンオフ映画が『ローグ・ワン』というタイトルで公開される。

「『スター・ウォーズ エピソード8』公開は17年5月」の写真・リンク付きの記事はこちら

公開日が2017年5月26日に決定した『スター・ウォーズ エピソード8』の監督を務めるのは、『LOOPER/ルーパー』の脚本/監督、ライアン・ジョンソンだ。脚本も、彼自身が手がける(ジョンソン作品のファンにとっては、「待ってました」と喜ぶべきニュースだ)。

『エピソード8』は、今年の12月に公開予定の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』上映終了のタイミングで公開する、とディズニーCEOボブ・アイガーが、サンフランシスコで開催した株主総会で明らかにした(記念日を大事にするファンへのプチ情報。公開日は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が公開された、40年と1日後にあたる)。

関連記事
スター・ウォーズ新作、ルーカスの脚本は「却下」

シリーズ初のスピンオフとなる『ローグ・ワン』の監督を務めるのは、『ゴジラ』の監督、ギャレス・エドワーズ。『博士と彼女のセオリー』の主演女優フェリシティ・ジョーンズが出演する予定だ。

同映画はILMのVFXスーパーヴァイザー、ジョン・ノールのアイデアがベースになっている。プロットの詳細は明らかになっていないが、フェリシティ起用というキャスティングから推測するに、女性キャラクターが活躍するスター・ウォーズ映画になる可能性がでてきた。『ローグ・ワン』は、『エピソード8』より6カ月早い、2016年12月16日公開の予定だ。

このニュースは、これまですでにさまざまな噂が飛び交っていたが、それらひとつひとつが確実なものになったわけだ。ジョンソン監督は才能に溢れ、タイムトラベルものから、TVシリーズの「ブレイキング・バッド」(2010 - 12)まで、何もかも器用にこなすことを世間に証明している。

彼が「スター・ウォーズ」を率いることになったからには、きっと良作に仕上がるに違いない。また、フェリシティが出演するとなれば、J.J.エイブラムスが『フォースの覚醒』で実現したキャスティングの多様性が続くことも間違いないだろう。おまけにフェリシティがローグ中隊に命令を下すとなれば、これは最高だ。

TAG

J.J. AbramsMovieSci-fiStar WarsWIRED US