後半の立ち上がり1番で15mのパットを沈め、笑顔がこぼれる原江里菜(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 2日目◇14日◇土佐カントリークラブ(6,217Yards ・パー72)>
 初日1オーバーと出遅れた「TEAM PRGR」の顔・原江里菜。2日目は立て続けに連続バーディを奪うなど圧巻のプレーで6アンダーまでスコアを伸ばし、2位タイへ浮上した。
原江里菜の2015シーズン新セッティングをチェック

 前半に3つスコアを伸ばした原は、後半最初の1番で15mのパットを決めると、続く2番(パー3)でもバーディ。そして終盤6、7、8番で3連続バーディを達成。8番では17mの距離を見事に沈めた。「今日はパッティングですね」と語るが、前日は予選落ちの危機にプレッシャーを感じていたことだろう。
 「切り替えないといけない」と話した初日のラウンド後は18時までコースで調整。「球がつかまらなかった」アイアンを納得いくまで仕上げたことで「明日はショットが噛み合えばオーバーになることはない」とスッキリした形で2日目のティオフを迎えることができたという。
 大会前に行われた「TEAM PRGR」新体制発表会では藤本麻子、辻梨恵とともに登壇。チーム全員で結果を残せるのが理想としたが「今までは私がPRGRのスタッフを独り占めしていましたが、今年からは独り占めできないので、結果でアピールしたい」と語るなど、やはり“チームの看板は私”という強い気持ちを口にしていた。そしてこの日は「(他の2人に)先に行かれるのは嫌。ホステスプロが増えたからこそ“PRGRは原江里菜”と思われたい」という言葉が飛び出した。
 強気な言葉は、責任感を背負うことにつながる。そして2日目は、言葉通りの責務を果たした。事実、初日を終えて3人が予選落ちする可能性がある中、プレーで引っ張る原の姿を見た大会関係者すべての人がホッと胸を撫で下ろしたことだろう。
 今季オフは飛距離を意識したトレーニングを行い、筋力がUP。「セカンドショットが1番手違う」と飛距離アップを実感している。そんな原だが先週は調子が悪くないのにスコアが出ずにストレスが溜まっていた。だがこの日はそんなモヤモヤを吹き飛ばすプレーで優勝戦線へ浮上した。
 明日、最終組で回る原が優勝争いを引っ張っていけば、8回目を迎えた『PRGRレディス』は過去最高に大会になるに違いない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>