世界の洪水リスクは15年で急増──経済コストへの影響は5倍超に

写真拡大

世界資源研究所(WRI)が今後15年間について、河川の洪水による世界各国のリスクを推定した。被災者数も被害額も特にアジアにおいて急増するという。

「世界の洪水リスクは15年で急増──経済コストへの影響は5倍超に」の写真・リンク付きの記事はこちら

世界資源研究所(WRI)が、今後15年間に河川の洪水によって起きるリスクを調べたところ、影響を受ける人口が急増することがわかった

現時点の分析では、世界で2,100万人が毎年洪水の危険にさらされることが示されている。そしてこの数字は、2030年には5,400万人に増加すると推定されている。

関連記事デザインは災害から人を守る。NYの新しい都市計画「Big U」

これに合わせて、世界経済に対する関連コストも増加し、650億ポンド(約11.9兆億円)から、3,400億ポンド(約62.4兆円)になる。

人口の点で最もリスクが高いのは、インド、バングラデシュ、中国で、その後にヴェトナム、パキスタン、インドネシア、エジプトと続く。経済的な被害の点では、バングラデシュ、カンボジア、アフガニスタン、ヴェトナム、ラオスが上位となる。

WRIによると、こうした増加の理由はふたつある。ひとつ目は社会経済の発展だ。これに伴って、洪水が起きやすい地域に多くの人々が居住することが見込まれる。ふたつ目は気候変動だ。高温多湿地帯ではさらに多雨になることが見込まれている。ほとんどの国で、これらふたつの影響の規模は同じ程度だとされている。

WRIでは「Global Flood Analyser」というオンラインツールを作成している。このツールを使うと、上記の結論に至るまでに収集されたデータを、双方向地図とともに見ることができる。

今回の調査を共同で執筆したヘッセル・ヴィンゼミウスとフィリップ・ウォードは、データを示したブログの投稿で次のように書いている。「リスクは高くなりつつあるかもしれないが、公的や民間部門の意思決定者たちは、大災害が起きる前に、それを防ぐためにできることがたくさんある。(中略)正しい情報を蓄えることにより、意思決定者は、リスクを低減させ、気候変動に適応するための計画に優先順位を付け、最も実用的で、費用効果の高い選択肢を実施できる」

TAG

AsiaClimateChangeDisasterFloodRiskWIRED UK