石川は3試合ぶりの予選落ちを喫した(Photo by Sam Greenwood/Getty Images)

写真拡大

<バルスパー選手権 2日目◇13日◇イニスブルックリゾート・コパーヘッドコース>
 フロリダ州にあるイニスブルックリゾート・コパーヘッドコースで開催中の米国男子ツアー「バルスパー選手権」は2日目の競技を終了。4位タイから出たブレンドン・デ・ジョン(ジンバブエ)がスコアを2つ伸ばしトータル6アンダーで単独首位に立った。
「バルスパー選手権」のリーダーボード
 1打差の2位にはこの日スコアを4つ伸ばしたジョーダン・スピース(米国)とヘンリック・ステンソン(スウェーデン)ら5選手がつけた。優勝候補の一角、元世界No.1のルーク・ドナルドはスコアを3つ伸ばしトータル2アンダーで初日の80位タイから15位タイに急浮上。アダム・スコット(オーストラリア)はスコアを4つ落としトータル4オーバー95位タイで予選落ちを喫した。
 日本勢で唯一この大会に出場した石川遼はイーブンパー59位タイから予選突破を目指したが、出だしの10番で痛恨のダブルボギースタート。その後はパーを重ね前半でスコアを2つ落として折り返す。
 後半は1番でバーディを先行させるもその後は連続ボギーが2回と巻き返せず、この日は1バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“76”でフィニッシュ。スコアを5つ落としトータル5オーバー103位タイで今季5回目の予選落ちとなった。この日は全体的にスコアが伸びずドナルドのようにスコアを伸ばせば一躍上位にいくチャンスもあったが、ティショットが安定せずまたパットも精彩を欠き無念の結果となった。
【2日目の順位】
1位:ブレンドン・デ・ジョン(-6)
2位T:ジョーダン・スピース(-5)
2位T:ヘンリック・ステンソン(-5)
2位T:ライアン・ムーア(-5)
2位T:ケビン・ストリールマン(-5)
2位T:デレク・アーンスト(-5)
7位T:リッキー・バーンズ(-4)
7位T:イアン・ポールター(-4)他
15位T:ルーク・ドナルド(-2)他
95位T:アダム・スコット(+4)他
103位T:石川遼(+5)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【コラム】苦悩のシーズン…石川遼、米ツアーでの“心の戦い”
【舩越園子コラム】藤田寛之の一人旅に想う
米国女子ツアーの日本公式サイト、オープン!
JGFのセクシーコンパニオンを日替わりで掲載!