金の価格は2013年に続き2014年も連続して下落したが、2015年は一転して買いが優勢となっている。今春以降の金価格の動向についてマーケット ストラテジィ インスティチュート代表取締役の亀井幸一郎氏が解説する。

 * * *
 アメリカの量的金融緩和が終了し、利上げ観測が高まり始めた昨秋、金は売り込まれる展開となった。多くの市場関係者や投資家の目には、金にとって心地よい環境が終わりを告げるかのように見えたのではないだろうか。

 2014年11月7日にはニューヨーク商品取引所(COMEX)金先物市場で1トロイオンス(約31.1035グラム)=1130米ドルの安値をつけ、年末まで1200米ドル台前後で推移した。結果的には2014年は年間ベースで1.5%の下げとなり、1年間で28%値下がりした2013年に続いて、2年連続の下落となった。

 一般的に米ドルが強い環境では、金は売られる。昨年9月以降は米ドルが強さをみせ、主要通貨に対して軒並み米ドルが買われる状況が続いた。他国と比較すると景気の回復は続いており、利上げ観測も追い風に、今年に入っても米ドルは引き続き強い。

 ところが、2015年は年始から2月上旬まで、金が買い優勢の展開となった。米ドルが買われる一方で、金価格も上昇するという珍しい現象が起こっているのだ。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げをにらむ中、金は再び売りに傾くのではと見られていたが、予想を覆す形で金が買われるという展開が見られた。

 さらに、1月15日のスイスショックが金市場にも大きなインパクトをもたらした。

 2011年9月に1ユーロ=1.20スイスフランという為替上の上限を設け、無制限介入を続けていたスイス国立銀行(中央銀行)が突然、この対ユーロ上限を撤廃。スイスフランが短時間に30%も急騰し、為替市場は混乱状態に陥った。

 その余波を受け、金市場でも米ドル建て金価格が日本時間18時台から急騰し、上値を切り上げて一時1260米ドル台に達した。金価格は年始からじわじわと高まりをみせていたが、1250米ドルを超えられないでいた。しかし、このスイスショックで上昇に拍車がかかり、心理的な節目である1250米ドルのラインを上抜けたのである。

 その後、押し戻されたものの、注目すべきは、この日を境に金ETF(上場投資信託)に流れる資金が急増した点だ。1月15日から3営業日連続で金ETF市場に大きな資金の流入があり、2月上旬に至るまで増加を続けた。たとえば、代表的な世界最大級の金ETF『SPDRゴールド・シェア』の保有残高をみると、今年1月だけで50トン強も増えている。これは2011年11月の55トン増以来の規模となる。

 このような金ETFの増え方は、中長期の資金の流入を意味する。投資マネーが短期で流出入するNY金先物市場でポジションが増えるのとは意味合いが異なるのだ。金ETFの保有残高が増えていることは、中期的な金相場は強気とみることができる。

 今回、金ETFを買っているのは欧州系の年金基金の他にヘッジファンドの参入も考えられる。基本的に金ETFは金現物と同様、短期売買で投資する対象ではない。短期狙いならば金先物市場に向かうはずだ。金ETFの残高の増加はある意味、金の信頼度が高まっていることを物語っているともいえる。
 
※マネーポスト2015年春号