写真提供:マイナビニュース

写真拡大

3月13日に東京タワーフットタウン内にオープンした、尾田栄一郎氏の人気漫画『ONE PIECE(ワンピース)』(集英社)の世界を体験できるテーマ―パーク「東京ワンピースタワー」のオープニングセレモニーが12日に行われ、お笑いコンビ・キャイ〜ンの天野ひろゆき、神木隆之介、松井愛莉、福田彩乃が登壇した。

セレモニーの前には、東京タワー57年間で初となる展望台をジャックして映像上映が行われ、目玉アトラクション「ONE PIECE LIVE ATTRACTION」に出演する麦わらの一味も登場。そのド迫力の映像に神木は「すっごくうれしいです」と興奮気味で、福田も「色彩も『ONE PIECE』の原作の色が再現されていて感動しました」と感無量の様子だった。

東京タワーの近くに用意されたセレモニー会場には、劇中でルフィをはじめとした麦わら一味が乗船するサウザンドサニー号を模したステージを用意。ゲストの4人は一足早く「東京ワンピースタワー」を体験してきたこともあり、小さい頃から『ONE PIECE』の大ファンという神木は、内覧時間をギリギリまで使い、アトラクションをすべて体験したという。特に「ONE PIECE LIVE ATTRACTION」には大満足の様子で、神木は「すごく迫力がありまして、原作の戦闘時の効果音などが臨場感たっぷりに再現されていて楽しめました」と目を輝かせていた。

4人がそれぞれの野望を「○○王に俺はなる!」にかけて発表するコーナーでは、天野はこれまでお笑いとしてがんばってきたので「不動産王」と宣言するも、登壇者全員から総ツッコミ。松井は「健康王」、神木は「片付け王」、福田は「芸能界史上最速のレーサー王」をそれぞれに宣言していた。最後に4人を代表して天野が「『ONE PIECE』という世界中で愛されている作品の魅力がすべて詰まったテーマパークになっているので、ぜひ足を運んでください」とあいさつし、「東京ワンピースタワー」のオープンを祝福した。

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション(C)Amusequest Tokyo Tower LLP

(トランジスタ)