ヴァイッド・ハリルホジッチ監督

写真拡大

3月13日、午前中に来日したヴァイッド・ハリルホジッチ監督は来日の疲れもみせず、17時からの就任記者会見に臨んだ。

大仁邦彌会長
「選手として監督・指導者として素晴らしい実績を残している。監督には時間があまりない中でのスタートだが、強化に全力を挙げて取り組んでほしい。アンダーカテゴリー、ユース育成のサポートにも喜んで協力するという話をもらってありがたいと思っている。強いリーダーシップで強い、勝てる日本代表に導いてほしい」

霜田正浩技術委員長
「技術委員会では1カ月準備し模索してきた。考えられる最高の監督に来てもらった。コーチの2人も来日している」

ニコリともしないで会見に臨んだハリルホジッチ監督は、「コンニチハ」と日本語で言うと、やっと少し微笑んだ。

「ここに来ることが出来て本当にうれしい。フットボールの人気があると思っている。2週間ですが私に日本サッカー協会がコンタクトしてきました。いろいろなコンタクトがあって、いろいろなディスカッションをしてきました。そしてこの大仁会長を始め、ありがたい言葉をいただき、ここに来ることにしました。みなさんと日本代表で何かを成し遂げようと思っています。大きな責任があることも感じています。私はそのためにここに来ています。本当に日本代表と大きな事を成し遂げようと思っています。

日本以外からのオファー、クラブからのオファーがありましたが私は日本を選びました。その理由は私のメンタリティを彼らは盛っていると思ったからです。私がやってきたのと同じような、厳しさ、規律、尊敬、マジメさ、フットボール界にとって大事なものを兼ね備えていると思ったからです。ブラジルワールドカップの後、日本は成績が少し下がっていますが、復活するのに十分な力を持っています。FIFAランクで55位ですし、数年前はもう少しよかったと思いますが、私がアルジェリア代表監督に就任したときは52位でした。そして3年仕事をして17位になりました。日本も同じようになれると確信しています。

第一の目標はロシアワールドカップに出ること。さらにワールドカップでは上、トーナメントに進出したいと思っています。十分なクオリティは盛っていると思います。スタッフとチームと、メディカルのスタッフもいますし、日本のスタッフも助けてくれるので、まずスタッフチームを作りたいと思っています。フットボールが日本では人気だと思っているので、みなさんのために戦いたいと思います。

お願いしたいのは少し時間をいただきたいということ。初めて代表を率いたときに同じような状況でしたが、すぐに成功したわけではありません。すこしだけ我慢してみていてもらえば、いい仕事ができると思います。みなさんとお会いするのは初めてなので、みなさんといい、プロフェッショナルな関係を作りたいと思います。お互いリスペクトする関係を作りたいと思います。うまくいかなくて批判を浴びるのは当然です。でもみなさんと、日本のフットボールを盛り上げていきたいと思います」

――日本サッカーの印象は?

「この2週間、いろんなビデオを見ました。ワールドカップ、アジアカップも見ました。全試合観ています。分析すると、クオリティがあると思います。結果はすべてがよかったと思いますが、クオリティはみせていました。少し自信を失っているかもしれません。いくつかの点で向上させることが出来ます。簡単なものも難しいものもありますが、いくつかの点で向上できるかと思います。ですが、少し時間をください。そうすることでよりよい結果を見せられると思います。

私は高い要求をしますし、負けるのが大嫌いです。これまで仕事をしたところで負けたときは少し病気になりました。一言目に口にするのは『勝利』です。選手に伝えるのは、たとえ相手が世界一のチームと戦うときでも『勝つ努力をしよう』ということです。トライをしないで負けるのが最悪です。ここに来ている意義は、勝利の気持ちを植え付けること。3月の試合は2試合とも勝利しなければいけない。彼らを復活させたいと思っています。夏に大事なこと(ワールドカップ予選)があると思いますので、まず3月の試合に向けて、ワールドカップ予選の前の最高の試合にしたいと思います」

――メンバー選考の基準は?

「お伝えしなければならないのは、私はまだそこまで深く知っているわけではありませんということです。ですから霜田委員長とディスカッションをしました。これまで代表としてプレーした人も選びました。何年かプレーしている人も見ています。もちろん何試合かも見ました。だんだんと知ることができました。

リストとしては少し今までと同じになるかもしれません。ケガをしている選手もいますが、その選手とは会いたいと思います。まだ知っているわけではないので、私の意見、哲学、仕事の仕方を伝えたいと思います。早く彼らと会ってどんな仕事をするのか説明したいと思います。明日、明後日で何試合か見て、日本でプレーしている選手の長所を見つけたいと思います。ビデオをたくさん使います。最初は少し難しい仕事になるかもしれません。すぐ解決できるとは思います」

――ワールドカップ予選まで3カ月だが?

「時間がありません。時間は必要です。スタッフを含めてたくさん仕事をしなければなりません。いろんなところに出かけなければいけないと思います。これまでもっとデリケートなシチュエーションで仕事をした経験はあります。早く安心させたいと思います。攻撃も守備も分析します。多くのアイデアは持ってきました。選手がモチベーション高くやってくれることを望みますし、受け入れてくれないといけないのですが、規律正しく何かをやり遂げる準備は出来ていると、それに関しては楽観的なものを持っています」

――監督のサッカー哲学は?

「フットボールにはボールを持っているとき、持っていないときという状態があります。持っていないときは、みんなが同時にブロックを作って守備をしています。高い位置、中くらいの位置、低い位置がありますが、全員が関わらなければいけません。一人だけ欠けてはいけませんし、ボールを持っている状態ではビルドアップにみんなが関わらなければなりません。

私は元々攻撃の選手で、選手に効果的な選手であれと言っています。私は攻撃的なのでどんどん前行け、ビルドアップに関われと言っています。スピードアップを考えていますし、ボールタッチ数を減らすことも考えています。ペナルティエリアのところでは3人、4人の選手が関わっていることを目指しています。クオリティは持っていると思うので、現段階持っているレベルより高いところをみせられるのではないかと思います。選手個人にも話したいですし、個人のクオリティが生きていくということも話したいと思います。

ブラジルやバルセロナのように戦いたいと思う人がいるかもしれませんが、日本としての戦いをしたいと思います。現代フットボールでは、フィジカル、タクティカルなど高いレベルに達しなければいけないと思っています。それに関しては楽観的に考えています。勝利をすることが大事で、みなさんに勝利という言葉をたくさん届けたいと思います。この考え方に貢献する選手が必要です。スターはチームがスターだと思っていますが、個人的な能力をダメにしてはいけないと思っています。ただ、スターでもチームのために仕事をしてもらわないといけないと思っています。

どうやって戦うかは選手個人と話したいと思います。グループとしてプレーしていくと思うのですが、メンバーは毎回代わるかもしれません。今のところ確定している選手はいません。スタメンも決まっていません。まずプレーしてもらう。もちろん国内、国外にいる選手もそうです。まず国内をしっかり見て、能力の高い選手がたくさんいると聞いているので、できるだけたくさんの選手に可能性をあげたいと思っています」

――アジアの印象は?

「アジアはレベルが上がっています。ただ、サッカー強国には達していません。ここに来る以前も日本のことは知っていました。今はより知っています。この2週間日本のために働いてきました。日本はもっと上に行けます。私と仕事をするためのクオリティは持っています。ただ、守備面に関しても攻撃面でも改善しなければいけないところは持っています。20位ぐらいまでには上げたいと思いますが、そのためには時間が必要で、みなさんの我慢が必要です。

大仁邦彌会長と2回話をして、我々がファミリーになることが必要で、そのためにいい雰囲気を作ってほしいと言いました。そのいい雰囲気がグラウンドにいい影響を与えると思っています。私のノートにはやるべきことがたくさん書いてあります。本当にいい選手がいます。テクニックを持った選手がいます。たくさんのことはできなくても、いいことが出来る選手がいます。そんな選手にもっといいプレーが出来ると教えて上げたい。引いてきた相手に対しても、そうでない相手にも、どんなスピードでプレーすればいいか教えて上げたいし、スピードが上げるのが常にいいとは思いません。

それからポジション、スピードの変化、動きのフェイントなど、細かいことを教えて上げたいと思います。私の経験を踏まえて向上させたいと思っています」

――どう呼べばいいでしょうか?

「まだ到着したばかりなので、ただ私たちは早く仕事がしたいと思っています。我々を信頼してくれていますし、私はみなさんと仕事がしたいと思いますし、みなさんの助けが必要です。日本よりももっとデリケートな状況で仕事をして向上させて来ました。

イビチャ・オシムさんと仕事をしたことも知っています。彼は私にフットボールの情熱を伝えてくれました。フットボールに情熱があって仕事熱心なことも聞いています。それは私にとって幸せですし、何かを成し遂げられれば幸せですし、一番うれしかったのは、ブラジルワールドカップの後ですが、あるときに(アルジェリアの)誰かが来てありがとうと言ってくれたことです。

アルジェリアの人は何かメダルを取ったという人たちではなかったのですが、私をリスペクトしてくれました。日本もそういうことが起きてくれればと思います。我々がここに来てメダルを届けたいと思っていますが、その責任は私にあります」

――ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争はどう影響を与えましたか?

「ボスニアはデリケートな時代を送りました。私の妻が日本の歴史の本を買ってくれてそれを読み、日本も難しい時代があったのを知りました。私も個人的に困難な時代がありました。戦争の時にそこにいましたし、戦争の時にケガをしました。私は守らなければならない、国を守るために戦いました。

私は自分の仕事に信頼を持ちながらやっていました。私は政治的な、宗教的な話はしませんが、フットボールのおかげで人生が素晴らしいものになりました。選手としても監督としてもいろいろなタイトルを獲ることが出来ました。

私は熱意に満ちあふれているし、向上心に満ちあふれています。日本のようにフットボールをしっかりやっているところに呼んでいただいて本当にありがたいと思っています。このフットボールの情熱がいろいろなところに影響してきます。私のすべてはフットボールに捧げています」

――日本に対する印象は?

「少し日本の文化を知っています。日本のレストランがパリにたくさんありますから、少し知っています。私の家族は私より寿司が大好きです。私はたぶん今晩日本食を食べて慣れたいと思います。日本のみなさんと同じものを食事にして慣れたいと思います。みなさんの文化をリスペクトしたいと思います。そうすることで私の生活もうまくいくのではないかと思っています。ただ、家族が常に一緒というわけではないので難しいこともありますが、そのために仕事はたくさん出来ると思います」

――日本は失っている自信をどう復活させようと思っているか?

「まず個人的に、それからグループにも話をしようと思っています。選手は自分自身に対して自信を失っていると思います。勇気づけようと思います。私の仕事の多くは勇気づけ、自信付け、喜びを持つこと、彼らがすでにいいプレーをしたということを忘れないように。そういう経験が私にはあります。ときどき選手は個人的な問題を抱えていることもありますし、私は選手と話をして向上させようと思っています。会話することで建設的な関係が築ければと思います」

――オシム元監督との関係や言われたことは?

「みなさんご存じですが、オシム監督は今健康状態がよくありません。アルジェリア代表の時にボスニア・ヘルツェゴビナと試合をして、彼とたくさん話をしました。素晴らしい仕事をしてきた人ですし、ボスニア・ヘルツェゴビナでは素晴らしい人物としてみなさん評価しています。政治的にも国をサポートしました。親友です。彼、彼の友人としっかりコンタクトして健康状態を聞いています。最近は会えていませんが、日本の関係者がオシム監督とコンタクトしたかどうかは知りません。私が期待したいのは、いつか日本に来て試合を見てほしいと思います。いつか会長たちと彼とが一緒に試合を見てほしい。彼は日本が本当に大好きで、たくさん私に日本の話をしてくれました」

「アリガト。メルシー・ボクー」

【日本蹴球合同会社/森雅史】