SXSWの注目「宇宙ドキュメンタリー」、『Planetary』の予告編動画

写真拡大

ドキュメンタリー映画『Planetary』は、NASAが撮影した画像や地球各地の美しい風景や文化、宇宙飛行士ら専門家のインタヴューなどから「惑星の意識」を追求する大作だ。

われわれは世界の一員だ、という証拠がほしい? ならば『ウィ・アー・ザ・ワールド』を聴くよりも、宇宙飛行士に尋ねるのがいいだろう。

「SXSWの注目「宇宙ドキュメンタリー」、『Planetary』の予告編動画」の写真・リンク付きの記事はこちら

4月22日に公開されるドキュメンタリー映画『Planetary』はまさに、「ウィ・アー・ザ・ワールド」という意識を教えてくれる作品だ。

このドキュメンタリーのなかで、米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士メイ・ジェミソンはこう語っている。「わたしの宇宙滞在中に起こった出来事で、本当に素晴らしいと思ったのは、自分がこの宇宙に属しているという感覚をもてたことだった」

解説によると、監督のガイ・リードは、アポロ計画でNASAが撮影した画像と、宇宙飛行士ら専門家のインタヴューをまとめて、「宇宙におけるわれわれの起源と、種としてのわれわれの未来を探求する、大陸横断の映画の旅」をつくり上げた。「アポロ計画でNASAが撮影した画像」を見られるのもクールだ。

『Planetary』は、3月13日(米国時間)に開幕する「サウス・バイ・サウスウエスト」(SXSW)でプレミア上映されるほか、DVDも販売される。

TAG

AeroMobilApoloDocumentaryMovieNASAVideoWIRED US