正直、「ありがた迷惑」なプレゼントもあるんです!

写真拡大

 もうすぐホワイトデー。バレンタインにチョコをあげた女性陣としては、男性からのお返しに期待がふくらむ。男性としては、せっかくお返しをするのだし、相手の女性に喜ばれるものを選びたいものだ。

 女性としては「気持ちだけで嬉しいよ」と言いたいところだが、やはり、もらって嬉しいものもあれば、正直ちょっと迷惑なものもある。さて、どういったものが“正解”で、どういったものが“アウト”な判定だったりするのだろうか。20代〜30代の女性に「ホワイトデーでもらって嬉しかったプレゼント、ちっと迷惑なプレゼント」を聞いてみた。

女子が喜ぶプレゼント--豪華な食事や、ちょっと高い“消えもの”

「ホテルのディナーや、普段は行けないような高級レストランでご馳走されたいですね。食の好みを把握して、お店の予約をしてくれると嬉しいです。私は高級なお寿司屋さんに連れて行ってもらえたのがいい思い出です」(26歳/貿易)

「ロクシタンのハンドクリームや、自分では手が出しにくいワインなどがいいです。自分で買えなくはないのですが、自分で買うにはちょっと考えてしまうものなので……。“欲しいけれど、自分ではちょっと贅沢……”というものは高確率で喜んでもらえると思います」(30歳/アパレル)

 お金をかければいいというものでもないが、やはり高級なものは嬉しいとのこと。もらったチョコの値段と大幅に違う金額のものだと相手も引いてしまうかもしれないが、チョコよりも少し上乗せした金額のものなら、抵抗なく受け入れてもらえそうだ。

ちょっと迷惑なプレゼント--安物のアクセサリーや手作りスイーツ

「安物のアクセサリーはダメですね。年齢を考えると安物は恥ずかしい。それに、若いころは金属で肌が荒れることもなかったのですが、今は値段が安い粗悪なアクセサリーをつけると荒れるようになったので、使えません」(32歳/介護)

「ぬいぐるみとかキャラクターもののキーホルダー。もう子どもじゃないし、趣味に合いません。せめてブランドもののキーホルダーにしてほしい」(27歳/運輸)

 プレゼントとしては人気のアクセサリーだが、お値段は考えもの。ぬいぐるみやキャラクターものも、年齢や趣味を考慮すれば控えたほうがよさそうだ。

あと“もう一息”なプレゼント--ありがたいけれど、それなら別のものを!

「残業が多いからと気をつかってくれ、栄養ドリンク剤『ユンケル』の10本セットをいただきました。イチローファンの男性からで、『イチローも飲んでいるよ』とのことでした。ですが私はイチローファンではないし、残業のお供なら高級スイーツのほうがよかったです」(28歳/IT)

「手作りのお菓子。気持ちがこもっていて嬉しいけれど、マズければ迷惑そのものだし、上手にできていたとしたら、『私より上手……』と凹んでしまいます。市販のものにしてくれたほうが無難だと思います」(30歳/サービス)

 せっかくの気遣いも、ちょっとずれてしまっていると効果が半減。手作りの品に関しては、“手作り”であることそのものに抵抗を感じる女性もいるので注意が必要かも。

 女性からいろいろな意見があるものの、みんな、お返しをしてもらえることには感謝をしているもの。プレゼントが相手に気に入ってもらえれば、好感度アップは間違いなし。ここは気合を入れてみてはいかがだろうか。

(取材・文/神之れい)