無駄を省いたシンプルな構造

写真拡大

ゴールドウインのアウトドアブランドmacpac(マックパック)は、天候が不安定になりがちな春のトレッキングシーズンに向けたバックパック「Weka 24」を2015年3月中旬に全国のマックパック取扱店で発売する。

素材の良さを引き出す構造

高耐久、高耐水というバックパックに適した機能素材AzTec(アズテック)の特長を生かした、「macpac」の技巧が凝らされた商品。AzTecは、耐久性の高いコットンと腐食に強いポリエステルの繊維をより合わせて1本の糸を作り、それを高密度に織り上げて生地にしたものに特殊なワックスを高圧で浸透させることで高い耐久性と耐水性を持たせた素材。

生地の切り替えを極力減らした筒のような形状の本体に、ボトム生地、パッドの付いた背面生地、荷室への入り口となる巾着状の生地の合計4枚という非常に少ない枚数で形作られている。浸水の元でもある縫い目を極力減らすことで、耐水性に非常に優れているAzTecの素材特性を存分に生かしたパックとなっている。

また、パックが破れる要因の一つでもある縫い目が少ないため、パック自体の耐久力も向上し、摩耗や経年による生地劣化が少ない特長もあるAzTecの良さをさらに引き出している。

素材特性を生かすシンプルな構造にしたことで、無駄を省いた美しいシルエットと、アウトドアで求められる機能を両立させ、これから訪れる春のトレッキングシーズンをより豊かなものにするバックパックに仕上がった。

サイズは24リットル、価格(税抜)は1万9000円。サイドポケットが付いた30リットルタイプ(2万4000円)と、サイドポケットと大きなフロントポケットが付いた40リットル(2万7000円)タイプも準備している。